新Lumiaはパソコンのように使える超スゴスマホ マイクロソフト

スポンサーリンク

151007lumia950

Windows 10 Mobile搭載のLumiaスマホ

長らく噂だけが飛び交っていたWindows10搭載スマホがようやく発表されました。
MSのフラッグシップスマートフォン『LUNIA 950』と『Lumia950XL』です。

Lumia950のスペックは
ディスプレイ:5.2インチ WQHD OLED (564 PPI)
ストレージ:内蔵32GB、microSDカードスロット
メモリー:3GB RAM
プロセッサ:Snapdragon 808、ヘキサコア、64-bit
バッテリー:3000mAh(入れ替え可能)
カメラ:光学手ブレ補正つき20MP PureViewリアカメラ、5MPワイドアングルフロントカメラ
外部端子:USB Type-C

そしてLumia 950 XLのスペックは
ディスプレイ:5.7インチ WQHD OLED (518 PPI)
ストレージ:内蔵32GB、microSDカードスロット
メモリー:3GB RAM
プロセッサ:Snapdragon 810、オクタコア、64-bit
バッテリー:3340mAh(入れ替え可能)
カメラ:光学手ブレ補正つき20MP PureViewリアカメラ、5MPワイドアングルフロントカメラ
外部端子:USB Type-C

になります。

価格はLumia 950 で7.5万円前後  Lumia 950 XL 9万円前後が日本での並行輸入モデルの価格予測です

この2台のポテンシャルの高さはNEXUS,Galaxyシリーズと比較しても引けをとりません、むしろWindows 10 搭載で1~2歩リードしているかのような印象もあります。またCPU,ディスプレイ、USBコネクタなどほぼ同等スペックです。

マイクロソフトはもともと カメラ機能に力をいれる伝統があり、今回もカメラ専用の独立シャッターボタンを搭載するほどの力の入れようです。

パソコンと同じ体感ができます

デモンストレーションでMSは、エコシステムの強さと、プラットフォームを超えて使えることの利便性を強調していました。デモで一番すごかったのは、Lumiaにつなげてをディスプレイドックに繋げるだけで、外部ディスプレイをパソコンのように使える「Continuum」機能の紹介のところでした。

Officeユニバーサルアプリをマウスやキーボードを使って、パワーポイントを、ワードを、大画面に映し出して編集できるんです!

加えて、マイクロソフトはWindows 10がOutlookメールクライアントやOneDriveなどのサービスと統合されていることも強調していました。PureViewカメラで美しい写真をたくさんとっても、オンラインクラウドにも自動で保存してくれるんです

151007lumia9503.jpg

新型Lumiaとその機能はどれもとてもすごく思えてしまいますが、実際にはユニバーサルアプリ以外のものはこれまでにも存在していたものです。以前のスマホはすでに十分パワフルでしたし、外部ディスプレイに映し出す機能だって前からありました。でもすでに可能なこれらの機能がまとめ上げられて「Continuum」という形になったのには興奮しますね。発売は11月からとなっています。日本でも発売されないかな…。並行物をオークションやアマゾンで販売されることを待つことにします。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加