Xperia Z6の標準スぺック予想CPU。「スナドラ820」の概要①

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

jjjjjjjjjjjjsssssssssssssssjpg

スナドラ820の全貌

来年発売かもしれない次期Xperiaz6に搭載予定のスナップドラゴン820の現時点でのリーク情報を中心にスペックを予測していきます。

今年の3月2日にすでにスペインの「Mobile World Congress 2015」で発表されているスナドラ820はみなさんご存知のスナドラ810の後継機種です。本来はXperiaz5に搭載予定でしたがスナドラ810の発熱問題により今年発売のXperiaz5では発熱対策済のスナドラ810が搭載される事になりました。よって次期スナドラ820はテストにテストを重ね万全の状態で世に放たれることになることでしょう。そしてその性能の高さに驚かされるのではないでしょうか。

スナドラ820の概要
「Snapdragon 820」は:
・オクタコア 64ビット TS2コア
・Adreno 530
・LPDDR4
・MDMoX55 LTE-A Cat10
・サムスン/ GF 14nm FinFet プロセス
llllllllllllllllllllllla57
独自開発CPUコアとしては初の64bit命令対応モデルとなる「Kryo」(クライオ)を採用することが最大の特徴だ。機器メーカへのサンプル支給はこの秋から開始される予定である。そして商品としては2016年前半には端末に搭載可能となるのではないでしょうか。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加