HTC SIMフリーのスマホ2機種を国内発売へ

スポンサーリンク

HTC日本は、SIMフリーのスマートフォン2機種「HTC Desire EYE」「HTC Desire 626」を10月中旬に国内で発売することを発表した。公式オンラインストア「HTC e-shop」での価格は、「HTC Desire EYE」が5万2800円(税抜)、「Desire 626」が2万9800円。ほかにAmazon.co.jpと、全国の家電量販店の80店舗で販売する予定。

「HTC Desire EYE」

「HTC Desire EYE」(左)「HTC Desire 626」(右)

HTC日本がスマートフォンをSIMフリーとして単体で販売するのは初である「HTC e-shop」ではMVNOのSIMカード(OCN モバイル ONE)の販売を行う。アフターサポートや、補償サービスもHTCが用意する。

今回投入される端末は、“格安スマホ”などとして価格競争が進むSIMフリー端末市場に一石を投じるものとなる。

「Desire EYE」は約1年前に海外で発表されたモデルだが、前後1300万画素のカメラに加えて、LTEやチップセット、デザイン、防水などの仕様が高いレベルでまとまっているとして、比較的高機能な端末として投入する。

「Desire 626」はディスプレイやカメラ、チップセットのグレードにより、3万円を切る価格帯に設定しながら、上位モデルのデザインや質感、使い勝手を継承したモデルとなっている。

どちらの機種も、通信回線はドコモ網での利用を想定しており、キャリア向け納入端末と同レベルのネットワークテストや感度調整が行われるという。また、OSのアップデートやバージョンアップについては、グローバル市場向け端末と同じポリシーが適用される見込みとなっている。

「Desire EYE」

「Desire EYE」はメインカメラ、インカメラの両方に1300万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載した「デュアル13メガピクセルカメラ」が最大の特徴。インカメラは88度の広角で、調色対応のLEDフラッシュも両方に搭載する。

「HTC EYE Experience」として搭載されるカメラ機能は、美肌効果、合成、顔コラージュ、インカメラ映像の合成、ビデオチャットでのフェイストラッキング、前後カメラの同時撮影、音声シャッターなど、さまざまな機能を備える。

デザイン面では、側面を含めてマットで滑りにくい質感を実現し、継ぎ目のないツートーンカラーが特徴。ステレオスピーカーを前面に搭載する。

OSはAndroid 5.1ベースの「Sense 7.0」。ディスプレイは約5.2インチ、1920×1080ドットのSuper LCD3。チップセットは「MSM8974」で、2.3GHzのクアッドコア。メモリは2GB、ストレージは16GB。microSDXCカードスロットは理論値で2TB、市販品では200GBまで動作が検証されている。メインカメラ、インカメラともに1300万画素。

LTEの通信速度は、理論値で下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsに対応する。W-CDMA(HSPA+)は下り最大42Mbpsに対応している。

通信方式と周波数帯(バンド)は、FD-LTEで700(28)、900(8)、1800(3)、2100(1)、2600(7)、800(19)MHz。TD-LTEで2600(40)、1900(38)、2300(39)、2500(41)MHz。

W-CDMAは、800(6)、850(19)、900(5)、2100(1)、1900(2)MHzをサポートする。GSM/EDGEは850、900、1800、1900MHz。

IPX7、IP5Xの防水・防塵性能に対応。Wi-FiはIEEE 802.11a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)で、Bluetooth 4.1、NFC、GPSをサポートする。SIMカードのサイズはnanoSIMカード。

バッテリー容量は2400mAh。連続待受時間はLTEで約437時間、3Gで約538時間。連続通話時間は約1200分。大きさは約151.7×73.8×8.5mmで、重さは約154g。ボディカラーはスカーレット、マリーンの2色。

「Desire 626」

「Desire 626」もデザイン面では、側面にマットで滑りにくい質感を実現し、継ぎ目のないツートーンカラーが特徴。マカロンピンクの背面はグロス仕上げになっている。ステレオスピーカーを前面に搭載する。

OSはAndroid 5.1ベースの「Sense 7.0」。ディスプレイは約5.0インチ、1280×720ドットのTFT LCD2。チップセットは「MSM8916」で、メモリは2GB、ストレージは16GB。microSDXCカードスロットは理論値で2TB、市販品では200GBまで動作が検証されている。メインカメラは1300万画素、インカメラは500万画素。

LTEの通信速度は、理論値で下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsに対応する。W-CDMA(HSPA+)は下り最大42Mbpsに対応している。

通信方式と周波数帯(バンド)は、FD-LTEで700(28)、850(5)、900(8)、1800(3)、2100(1)、2600(7)、800(19)MHz。

W-CDMAは、800(6)、850(19)、900(5)、2100(1)、1900(2)MHzをサポートする。GSM/EDGEは850、900、1800、1900MHz。

防水・防塵には非対応。Wi-FiはIEEE 802.11b/g/n(2.4GHz)で、Bluetooth 4.1、NFC、GPSをサポートする。SIMカードのサイズはnanoSIMカード。デュアルSIMスロットのモデルだが、利用できるSIMスロットは1つのみ。

バッテリー容量は2000mAh。連続待受時間はLTEで約400時間、3Gで約451時間。連続通話時間は約541分。大きさは約146.9×70.9×8.19mmで、重さは約140g。ボディカラーはマカロンピンク、マリーンブルーの2色。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加