docomo 2015-16秋春モデル 10機種徹底比較!4K動画視聴も

スポンサーリンク

遂にドコモ2016年春モデル発表されました。スマートフォンで10機種を提供 そのスペックを徹底比較してこの春モデルの人気を予想したいと思います。

docomo 春モデル2016

こちらの比較表見ていただいてわかるようにCPUのオクタコア搭載はXperiaの3機種でヘキサコア5機種、クアッドコア2機種となりここではSONY Xperia が一歩リードしているようです。大きさ(寸法)と重量など2015年夏モデルと変わり映えはしませんが外部メモリ200GBとスマホのスペックでないSDカードの進歩に驚かされました!ちなみに金額は4万後半からということでまだまだ我々が手にするのは先のようですね。

無2016 haru 22222222222222222222

次にバッテリー容量では全体に容量アップかつ3000mAh越えが続出しており、パーツの低消費電力化が進む中 各社ともに通話時間や待ち受け時間向上を目指すとともに、消費電力がけた外れのスマホゲーム対策に重視した感が伺えます。ディスプレイはXperia Premiamで4Kディスプレイが登場したように各社ともに画質向上にも努めた模様、でも結局 Xperiaの躍進が目立った形となりました。

docomo haru 3333333333333333333

防水に関してはNexus以外9機種で標準搭載!フルセグはXperiaの上位2機種とアクオスとアローズの上位機種のあわせて4機種で標準、ハイレゾにおいては7機種搭載と音楽聞き放題プランが伸びていく中うれしい結果となりました。 あとカメラの画素数含め手ぶれ補正など各メーカー進化させており数字上では背面、前面ともにiphone6sに負けない数値が出ていますね。もう本当にデジカメいらず家庭用ビデオカメラもいらずの時代が来る予感がします。

doco 444444444444444444444

最後に生体認証せすが、これは残念ながら前シリーズから進化はありませんが富士通は高級仕様の虹彩認証を前回にひき続き標準搭載しており会社の意地とプライドを感じます。

Nexus5Xのスペックと価格のバランスの魅力と Xperiaのハイレベル機能搭載の連発!Galaxyの強靭でかつ200gを割る技術の高さ、富士通の未来志向なプライドを感じた 今回の2016年ドコモ春モデルのラインナップではないでしょうか。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加