iphone6 →6sにボディチェンジビジネス!中国でブーム!!

スポンサーリンク

iphone6s 偽物 ローズゴールド ボディ iphone6 変更

予約開始から数分でiPhone6s/6s Plusのローズゴールドが完売してしまう中国だけあって、最近は特殊なビジネスが誕生しています。iPhone6のボディーをローズゴールドに換えることでiPhone6sにしてしまう、というものです。

ボディーを換えれば見た目にはiPhone6s

iPhone6/6 Plusは、iPhone6s/6s Plusとサイズがほぼ変わらないため、保護ケースなどのアクセサリを転用出来ることがこうしきに認められています。

この点に注目し、中国の秋葉原として名高い深センの華強北では、現在iPhone6のボディーをローズゴールドに換装し、iPhone6sに見せてしまうサービスを提供している店舗が幾つか存在するようです。

サービス価格は良心的で、4.7インチのiPhone6sにする場合は130元(約2,470円)、5.5インチのiPhone6s Plusにする場合は230元(約4,370円)とかなり安上がりです。

もちろん、サプライヤーから横流しされた部品を流用するのではなく、本物のボディーは950元(約18,000円)と高価なため、使用するパーツは非正規品です。
iphone6s 偽物 ローズゴールド ボディ iphone6 変更

iphone6s 偽物 ローズゴールド ボディ iphone6 変更

個人的にボディーを交換して楽しむのであれば問題はありません(日本では技適マークがない時点で違法です)。

しかし、同ニュースを特集したIT時報によれば、華強北には、IMEI番号を捏造する業者や、iPhone6sだと偽って販売を行う業者など、厄介な店舗も同じように軒を並べているのも事実で、中には取材に対し、「華強北のどこに本物があるんだ。本物を売って誰が儲かるってんだ?」と答えるなど、偽物を取り扱うことに対し、罪悪感すらない店舗も存在したそうです。
iphone6s 偽物 ローズゴールド ボディ iphone6 変更

街角調査でも誰もiPhone6sだとは疑わず

iphone6s 偽物 ローズゴールド ボディ iphone6 変更

しかも、ボディーを変更したiPhone6は、一見しただけではiPhone6sと全く見分けが付かないことも、偽物の横行に拍車をかけています。
iphone6s 偽物 ローズゴールド ボディ iphone6 変更

事実、ニュースサイト騰訊網が、ローズゴールドのボディに変更しただけのiPhone6を、新色のiPhone6sだと偽って街中調査を行ったところ、誰もiPhone6だと気づいたユーザーは居ませんでした。中には、「iPhone6と比べて写真の画質がよりはっきりしていると思う」と答えるユーザーまでいました。

iphone6s 偽物 ローズゴールド ボディ iphone6 変更

iphone6s 偽物 ローズゴールド ボディ iphone6 変更
日本では偽物が売られていること自体が稀かとは思いますが、同サイトは、IMEI番号の確認方法とともに、iPhone6sにのみ備わっている機能を取り上げ、見分け方を紹介しています。
iphone6s 偽物 ローズゴールド ボディ iphone6 変更

iphone6s 偽物 ローズゴールド ボディ iphone6 変更

iphone6s 偽物 ローズゴールド ボディ iphone6 変更

iphone6s 偽物 ローズゴールド ボディ iphone6 変更

Source:IT時報

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加