iPhone6s『3D Touch』実は5年前から開発されていた!

iPhogdffgsdfgfgfgfgfsgf

iPhone6sの「3D Touch」がありますが、その機能を開発するのに5年の歳月を要していたことをアップル社のAvi Cieplinski氏が明らかにしました。

Avi Cieplinski氏はiPhone6sが届いたことを明らかにしたツイートで、「Appleでの5年に渡る仕事が実を結んだ製品だ!私が3D Touchしていることが今でも信じられない」と感動したようすでに述べ、2010年の時点でアップルが「3D Touch」の開発に着手していたことを示唆しました。

実はブルーバーグの取材でも長年かけた開発であったと明らかにしていた機能だが、まさか2010年に構想され、5年もの歳月をかけていたとは夢にも思わない事実でした。

またディスプレイをクリックする類似技術はBlackBerryが特許を2007年に取得しているため、apple社は0からの開発ではないという報道も一部にはありますが単なるコンセプトに終わらさず製品化までこぎつけたのはアップルが史上初であり、その功績は讃えられてしかるべきでしょう。

bb1-e1443432951601

どんな機能にも、ユーザーには知りえない長い苦労と開発の歴史があることが伺える報道でした。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加