iOS 9の新機能「Move to iOS」を使ってAndroidから新スマホ「iPhone 6s」にデータ移行

スポンサーリンク

Appleの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」が9月25日に発売されました。すでに開封および外観のレビューでも紹介したように新色のローズゴールドが追加されて4色展開になったほか、カメラの画素数もアップして4K動画の撮影にも対応するなどしています。

また、最新の「iOS 9」がプリインストールされており、感圧機能「3D Touch」を搭載し、新しいユーザーインターフェース(UI)を体感することができます。

そんなiOS 9の新機能としてAndroidからiPhoneにワイヤレスでデータを移行できる「Move to iOS」が利用できるようになりました。これまではAndroidからiPhoneのデータ移行はパソコンを使わなければ難しかったので、公式で対応したのは嬉しいです。

そこで、筆者はこれまでにもiPhoneを使っていましたが、せっかくなので普段利用しているAndroidから実際にiPhone 6sにMove to iOSを使ってデータ移行してみましたので、手順と内容について簡単に紹介します。

◯Move to iOSアプリをインストールしてiPhoneをセットアップ!
Move to iOSを使ったデータ転送は、iPhoneの最初のセットアップ時にしかできません。今回、iPhone 6sを使っていますが、iOS 9にアップデートしたiPhone 6などの既存機種でも使えます。

それでは実際にデータ移行をしていたいと思いますが、まずは、対象のAndroidスマホにアプリ「Move to iOS」をインストールします。インストールが終わったら、アプリを起動しておきます。

次に、iPhoneの初回セットアップを始めます。

IMG_7687
「Appとデータ」で「Androidからデータを移行」を選択。

iPhoneの「Appとデータ」という画面になったら「Androidからデータを移行」を選びます。

IMG_7688
Androidから移行の画面で「続ける」をタップ。

Androidから移行を選択すると、Androidスマホの画面でコードを求めてきます。iPhone側の「続ける」をタップすると、iPhoneにコードが表示されます。

17
Androidスマホのコード入力画面。

Androidスマホにコードを入力すると接続を開始します。

IMG_7690
AndroidスマホとiPhoneが接続開始。

・Googleアカウント
・メッセージ
・連絡先
・ブックマーク
・写真
・カレンダー

以上の内容を選択して移行することができます。

待つこと3時間くらい……。この間はスマホをいじったりできませんし、iPhoneもセットアップが終わっていないため使えません。

筆者は1度少し触ってしまったので、やり直ししています。1時間以上待った後だったので、少々心が折れました。なので、終わるまではひたすら我慢です。データの量にもよるとは思いますが、この待ち時間はかなり長いですね……。

37
Androidスマホは接続終了。

Androidスマホの転送が終了しました。Androidスマホのリサイクルの表示が出ているのがおもしろいですね。iPhoneに乗り換えたら処分しろということでしょうか……。

転送が終わったし、晴れて新しいiPhone 6sを使おうと思って見てみると、「項目を所定の場所に移動中」という表示が出たままさらに30分~1時間ほど待つことに。データが多いとそれだけ待つ時間が長くなります。

写真-2015-09-25-16-05-38
iPhoneもようやく転送完了。

ようやく終わりました!連絡先は細かいところまではまだ見れていませんが、docomoアカウントで保存している項目は移っている模様です。

Googleアカウントはメールフォルダを見ると2つあったアカウント両方ともGmailで設定されていました。

パスワードは初回起動時に入力する必要があります。パスワードデータまでは抜いてきていないのかもしれません。これはむしろセキュリティーを考えると良い点でしょうか。

さらにiPhoneのメッセージアプリからもAndroidスマホで受信していたSMSが読めました。写真もすべて転送されているようですが、カメラ以外のフォルダーの全画像が未整理で入ってしまっていて、デコメ絵文字とかまで転送されていました。写真のフォルダーとかも選べると良かったんですが。

また、写真のタイムスタンプもリセットされてしまっているようで、すべて転送した日の日付になってしまっています。

結局、画像がごちゃごちゃしすぎてしまったのと、今までの環境を元に戻したかったので、筆者はこの後、初期化してiCloudで過去のiPhoneのバックアップから復元してしまいました。

使ってみて思ったのは、セットアップの時じゃないとこのMove to iOSが使えないので、iPhoneを使えるようになるまで時間がかなりかかるなぁ……と思いました。今回、写真の転送が今回かなり多かったので、写真を同期対象から外すとだいぶ早くなるのではないかと思います。

とはいえ、パソコンを使わずに機種変更の作業を自分で出来るというのは便利だと思います。SMSも移行できるというのは、個人的には嬉しいポイントだなと思いました

 引用エスマックス

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加