2015東京ゲームショウ 注目のスマホゲームはコレだ!!

スポンサーリンク

2015年9月17日~20日の4日間(19・20日が一般公開日)、千葉県の幕張メッセにおいて、東京ゲームショウが開催された。

このショーは毎年開催されており、その名の通り最新ゲームのイベントだ。PlayStationやNintendo 3DSなどの家庭用ゲーム機の新作ゲームが展示され、発売前に体験することができる。
近年はスマートフォンやタブレット用の新作なども展示され、さらに盛り上がりをみせている。なんと今年は、4日間の来場者が約26万8000人を突破したのだ。

そこで今回は、今後配信されるスマホ用ゲームの注目タイトルや各ブースの様子をお届けしていこう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Contents

Android版『艦これ』の今冬配信を特設シアターで電撃発表!!

DMM.comのブースでは、新作ゲームアプリ『勇者ヤマダくん』や『レーシング娘。』、『フレンドラ ~竜とつながりの島~』の試遊台で体験できた。

さらに、PRIVATE THEATERにて「艦隊これくしょん-艦これ-」のスペシャルムービーの上映も行われた。もちろん内容は、『艦これ』満載の映像で、PCブラウザ版の歴史からアニメ版・アーケード版・プレイステーション Vita版『艦これ改』の紹介トレーラーが流れた。

その最後で、開発中のAndroid版の告知映像も公開。それによると、PCブラウザ版とセーブデータの連動が可能で、家ではPCブラウザ版、外出先ではAndroid版でプレイが可能になるとのこと。サービス開始時期は2015年冬を予定しているようで、『艦これ』ファンにとっては楽しみなニュースだ。

なお、iOS版はPCブラウザ版とのデータ連動が難しいため、開発は難しいようだ。

特設シアター内の撮影は禁止のため、外観だけを紹介。
特設シアター内の撮影は禁止のため、外観だけを紹介。
ブースでは『艦これ』のフィギュアも展示されていた。
ブースでは『艦これ』のフィギュアも展示されていた。

大手家庭用ゲームメーカーはスマホゲームのPVを上映

これまで家庭用ゲームソフトを販売してきた大手メーカーは、会場では家庭用ゲームソフトを展示して試遊できるようになっていた。スマホ用ゲームはトレーラーを上映して新作などを紹介していたぞ。

スクエニでは、スマホ用『ファイナルファンタジー』スピンオフ作品のPVを次々に上映

スクウェア・エニックスのブースでは、会場の大型モニターで新作タイトルのトレーラーを次々と上映していた。

その中に今後配信予定のスマホ用タイトル『ファイナルファンタジーグランドマスターズ』や『ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス(2015年秋配信予定)』、『聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝-』、『アリスオーダー』も流されたのだ。

上映されたトレイラーのゲームについては、ウェブサイトの「スクウェア・エニックス 東京ゲームショウ2015特設サイト」に公開されているのでチェックしてみよう。

『ファイナルファンタジーグランドマスターズ』は、ヴァナ・ディールを舞台に大冒険に出かけ、仲間と共に戦うオンラインRPG。2015年配信予定。『ファイナルファンタジーグランドマスターズ』は、ヴァナ・ディールを舞台に大冒険に出かけ、仲間と共に戦うオンラインRPG。2015年配信予定。
『ファイナルファンタジーグランドマスターズ』は、ヴァナ・ディールを舞台に大冒険に出かけ、仲間と共に戦うオンラインRPG。2015年配信予定。
『ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス』は、「あらたなクリスタルの物語」をテーマにした、完全新作の『ファイナルファンタジー』。今秋配信予定。『ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス』は、「あらたなクリスタルの物語」をテーマにした、完全新作の『ファイナルファンタジー』。今秋配信予定。
『ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス』は、「あらたなクリスタルの物語」をテーマにした、完全新作の『ファイナルファンタジー』。今秋配信予定。
『聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝-』は、同名家庭用版のリメイク作となる。今冬配信予定。
『聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝-』は、同名家庭用版のリメイク作となる。今冬配信予定。
『聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝-』は、同名家庭用版のリメイク作となる。今冬配信予定。
『アリスオーダー』は、超能力少女達で部隊を編成し、荒廃した近未来の日本を舞台に侵略者と戦いを繰り広げるシミュレーションバトルRPG。今秋配信予定。
『アリスオーダー』は、超能力少女達で部隊を編成し、荒廃した近未来の日本を舞台に侵略者と戦いを繰り広げるシミュレーションバトルRPG。今秋配信予定。
『アリスオーダー』は、超能力少女達で部隊を編成し、荒廃した近未来の日本を舞台に侵略者と戦いを繰り広げるシミュレーションバトルRPG。今秋配信予定。

スクウェア・エニックス 東京ゲームショウ2015特設サイト

バンナムは、配信予定の『ガンダム』や『スパロボ』、『デジモン』などのPVを大公開!

アニメのキャラクターたちが大活躍するゲームを開発しているバンダイナムコエンターテインメントでは、大型モニターでさまざまなゲームのトレーラーを流していた。

その中には、今後配信予定の『スーパーガンダムロワイヤル』や『スーパーロボット大戦X-Ω』、『デジモンリンクス』などもあった。出展タイトルやトレーラーに関しては、ウェブサイトの「バンダイナムコエンターテインメントステージ情報ページ」に公開されている。

また会場内では、充電ムスメと呼ばれる女の子達が、スマホの充電を行うサービスもしていたのだ。

新作から現在配信中のものまで、さまざまなタイトルのトレーラーが流れていた。
新作から現在配信中のものまで、さまざまなタイトルのトレーラーが流れていた。
可愛い充電ムスメがブース内にいて、スマホの充電を行ってくれたぞ。
可愛い充電ムスメがブース内にいて、スマホの充電を行ってくれたぞ。

バンダイナムコエンターテインメントステージ情報ページ

セガは、『ワールド エンド エクリプス』や『夢色キャスト』のPVを大公開

セガゲームスのブースでは、10月に配信されるオンラインRPG『ワールド エンド エクリプス』のトレーラーが公開された。ほかにもブース内では、アプリ専用のコーナーが設けられ、セガネットワークスから配信されている新作『戦の海賊』や、今秋配信予定のミュージカルリズムゲーム『夢色キャスト』のトレーラーも流されていたのだ。

『ワールド エンド エクリプス』では、街を築いていく「開拓」パートと、魔物たちと戦う「戦闘」パートでで楽しめる。10月配信予定。
『ワールド エンド エクリプス』では、街を築いていく「開拓」パートと、魔物たちと戦う「戦闘」パートでで楽しめる。10月配信予定。
『ワールド エンド エクリプス』では、街を築いていく「開拓」パートと、魔物たちと戦う「戦闘」パートでで楽しめる。10月配信予定。
アプリ専用コーナーでは、『戦の海賊』のコスプレをしたコンパニオンがいたぞ。
アプリ専用コーナーでは、『戦の海賊』のコスプレをしたコンパニオンがいたぞ。

TGS2015 セガ特設サイト

コナミでは、新作『プロ野球スピリッツA』や『パワプロ』のホームラン競争が楽しめた

コナミのブースには、野球コーナーがあり、そこでリアルなプロ野球ゲームの『プロ野球スピリッツA』を体験できた。また会場限定イベントととして、『実況パワフルプロ野球』で育てた選手を使って、ホームラン競争の総飛距離を競う「みんなでホームラン! TGS Ver.」を楽しめたぞ。

リアルなグラフィックで野球の臨場感が楽しめる『プロ野球スピリッツA』。試合が自動で進行していくが、ここぞと言うときに出番が来て、ピッチングやバッティングが楽しめる。リアルなグラフィックで野球の臨場感が楽しめる『プロ野球スピリッツA』。試合が自動で進行していくが、ここぞと言うときに出番が来て、ピッチングやバッティングが楽しめる。
リアルなグラフィックで野球の臨場感が楽しめる『プロ野球スピリッツA』。試合が自動で進行していくが、ここぞと言うときに出番が来て、ピッチングやバッティングが楽しめる。
アーケードゲームのような特別な筐体でホームラン競争を楽しめたのだ。
アーケードゲームのような特別な筐体でホームラン競争を楽しめたのだ。

KONAMI東京ゲームショウ2015 特設サイト

コーエーテクモでは、さまざまなゲームアプリのPVを上映

コーエーテクモゲームスのブースでは、『100万人の信長の野望』など、これまで配信された数々のゲームアプリのトレーラーが流されていた。さらに『AKB48の野望』でAKBが実際の撮影で着た衣装の展示もあったぞ。

「アプリ&ネトゲ祭り」と題してゲームアプリの最新情報も紹介されていた。
「アプリ&ネトゲ祭り」と題してゲームアプリの最新情報も紹介されていた。
ビジネスデーの初日は、AKB48の柏木由紀と山本彩が着用した衣装が飾ってあったぞ。
ビジネスデーの初日は、AKB48の柏木由紀と山本彩が着用した衣装が飾ってあったぞ。

コーエーテクモ TGS2015 特設サイト

ゲームアプリの開発メーカーは派手にブースを展開

ゲームショウには、スマホ用のゲームアプリを開発しているメーカーも多数出展しており、巨大なブースをかまえているところもあったぞ。その中からいくつか気になるところを紹介していこう。

Cygamesでは、超巨大な騎空艇「グランサイファー」が登場

なんと言っても今回のゲームショウで一番目立っていたのがCygamesのブースだ。『グランブルーファンタジー』に登場する騎空艇「グランサイファー」を再現し展示。本物と比べると1/8の大きさになるが、それでも全長は25mもあり、実際に乗ることができた。今後の展開として、アニメ化やマンガ化も発表されたぞ。

とにかく圧巻のスケールで再現された「グランサイファー」。
とにかく圧巻のスケールで再現された「グランサイファー」。

グランブルーファンタジー公式ホームページ

グリーでは『消滅都市』でタイムアタックのイベントを開催

グリーのブースでは、大人気のドラマティックアクションRPG『消滅都市』や、ゲームショウで初公開された横スクロールアクションRPG『追憶の青』などのタイトルを試遊できた。『消滅都市』では、東京ゲームショウ特別のクエストを遊べたり、タイムアタックのイベントなども実施されたのだ。

『消滅都市』や『追憶の青』以外にもさまざまなタイトルで遊べた。
『消滅都市』や『追憶の青』以外にもさまざまなタイトルで遊べた。

グリー 東京ゲームショウ 2015 特設サイト

ディー・エヌ・エーでは、鏡に囲まれた不思議な空間を体感できた

ディー・エヌ・エーのブースでは、チームラボとのコラボレーションによるシアター型アトラクション「DeNA Infinity Theater」が用意されていた。
シアターの中は、特殊な鏡で創り出された空間になっており、『FINAL FANTASY Record Keeper』や、今冬配信予定のオセロを進化させた『逆転オセロニア』などを題材にした特別な映像を体感できた。

シアター全体にゲームのキャラクターが広がっていく映像を楽しめたのだ。
シアター全体にゲームのキャラクターが広がっていく映像を楽しめたのだ。

東京ゲームショウ2015出展情報

Supercellは、超巨大モニターで『クラクラ』を大アピール

Supercellは、世界中で大人気の『クラッシュ・オブ・クラン』を出展。ブースは超巨大モニターに囲まれた作りになっていて、その中にはゲームに登場するキャラクターと写真を撮れるスポットまで用意されていたぞ。
そして、今回のイベントのために用意された5対5によるクラン対戦や、ほかのプレイヤーと競いあうタイムアタックなどで楽しめたのだ。

『クラクラ』の映像が流れる超巨大モニターで囲われたブースになっていた。『クラクラ』の映像が流れる超巨大モニターで囲われたブースになっていた。
『クラクラ』の映像が流れる超巨大モニターで囲われたブースになっていた。

アソビモでは、MMORPGの新作を2本発表

アソビモでは、東京ゲームショウで2つの新作MMORPGを発表。
ひとつは、剣と魔法の世界を舞台したMMORPG『アルケミアストーリー』で、ひとりでも楽しめるようにNPCのサポーターが付いてくる。サービスの開始は2016年を予定。
もうひとつは、『セブンソード セカンド』で、5年前にスマートフォン用MMORPGとして登場した『セブンソード』の続編だ。サービスの開始は、2016年末予定とのこと。

アソビモのブースでは、『アヴァベルオンライン』などの配信中のタイトルを試遊できた。
アソビモのブースでは、『アヴァベルオンライン』などの配信中のタイトルを試遊できた。

東京ゲームショウ2015アソビモ特設サイト

スマートフォン用のゲームアプリが専用のエリアに勢揃い

東京ゲームショウでは、スマートフォンゲームやソーシャルゲームのコーナーも用意されていて、ゲームアプリを開発しているメーカーなどが出展。さまざまなスマホ用ゲームアプリを体験できるようになっていた。

Xperiaをモニターにプレイステーション4のゲームを体験

スマートフォンスペシャルエリアでは、Xperia Z4が家庭用ゲームのモニターになることをアピール。プレイステーション4のゲームをコントローラーに装着されたXperia Z4でリモートプレイできる体験が行われたのだ。

美人のコンパニオンさんに手ほどきを受けながら、Xperiaでのリモートプレイを実際に試せた。
美人のコンパニオンさんに手ほどきを受けながら、Xperiaでのリモートプレイを実際に試せた。
美人のコンパニオンさんに手ほどきを受けながら、Xperiaでのリモートプレイを実際に試せた。

『The Magic of Magix』など、配信予定のゲームアプリも実際に楽しめた

野菜タクティクスRPG『ベジマギッ!』を開発したリズのブースでは、今冬配信予定の3DダンジョンRPG『The Magic of Magix』を展示しており、実際に試遊して楽しむことができた。

『The Magic of Magix』は3Dダンジョンを探索しながら、遭遇した敵に対戦型数字当てゲームの要領でエレメントの並びを予想してダメージを与えて倒していく。
『The Magic of Magix』は3Dダンジョンを探索しながら、遭遇した敵に対戦型数字当てゲームの要領でエレメントの並びを予想してダメージを与えて倒していく。

ピコ

Beatroboのブースでは、ピコカセットという商品のプロダクトがデモ展示されていた。昔の家庭用ゲームカセットを小型化したような商品で、専用のアプリを立ち上げてからこのカセットをスマホのヘッドフォン端子に刺すと、そのゲームが起動して遊べるというものだ。昔懐かしい感じを味わいながらゲームを楽しめる。

また、アイテムのカセットを刺すことで、ゲーム用アイテムの追加も可能になるとのこと。現在は開発中で、ピコカセットの仕組みを利用したいビジネスパートナーを募集しているそうだ。

昔のゲーム用カセットを思い出させる形と仕組みだ。
昔のゲーム用カセットを思い出させる形と仕組みだ。

はじめしゃちょーやHIKAKINとコラボ開発したゲームアプリも出ていた

ADFULLYのブースでは、YouTuberが所属している事務所UUUMのはじめしゃちょーやHIKAKINなどとコラボ開発したゲームアプリを展示。コラボアプリを開発したYouTuber本人が実況動画プロモも作っており、その映像がブース内で流されていたぞ。

YouTuberの瀬戸弘司とゲーム開発のRucKyGAMESがコラボした『ぷーんジャンプ』なども試遊できた。
YouTuberの瀬戸弘司とゲーム開発のRucKyGAMESがコラボした『ぷーんジャンプ』なども試遊できた。

学生や個人が開発したゲームもそれぞれの専用コーナーで出展

ゲームショウでは企業が開発したゲームだけじゃなく、ゲーム開発の専門学校の生徒や個人が開発したインディーズゲームなどを展示する専用のコーナーも用意されていた。そこでは、スマホ用のゲームアプリも多数展示されており、開発者自らが来場者に説明を行いながらプレイの感想を聞いていたぞ。

ゲームスクールの生徒たちが作ったゲームを体験できた

ゲーム開発を教えている専門学校や大学などの専用コーナーも用意され、約40校が出展。学生達が実際に開発したゲームアプリなどが展示されており、遊ぶことができた。また、開発した学生から開発の苦労話なども聞くこともでき、ゲームの話で盛り上がっていたぞ。

シンプルなものから本格的なものまで、学生の作ったゲームが展示されていた。
シンプルなものから本格的なものまで、学生の作ったゲームが展示されていた。

インディーズゲームコーナーでは、海外の開発者も多数参加

ゲームショウでは、個人が開発したゲームを展示するインディーズコーナーも設けられていたぞ。そこでは、個人でゲーム開発を行っている日本人はもちろん、海外の開発者も多数参加し、自分で作ったゲームを来場者にアピールしていたのだ。

room6のブースでは、ドット絵のキャラがダンジョンを走り回ってゴールを目指していくゲーム『とっとこダンジョン』を出展。アイロンビーズで再現したキャラも展示されていた。
room6のブースでは、ドット絵のキャラがダンジョンを走り回ってゴールを目指していくゲーム『とっとこダンジョン』を出展。アイロンビーズで再現したキャラも展示されていた。

まとめ。今後配信される新作ゲームアプリが楽しみ!

とにもかくにも日本で開催される年に一度のゲームショウだけあって、さまざまな新作ゲームが集結。いろいろなゲームを見て、遊んで、楽しむことができた。スマホ用の新作ゲームアプリも数多く展示やPVとして紹介されており、楽しみなタイトルがいくつもあったぞ。今後の配信に期待せずにはいられないぞ!!

引用 モバコレクション

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加