2018年版フラッグシップモデルの「AQUOS R2」を発表

スポンサーリンク

5 月 8 日、AQUOS シリーズの 2018 年版フラッグシップモデル「AQUOS R2」を発表しました。

AQUOS R2 は 6 インチ の WQHD+ ディスプレイを採用しており、ディスプレイは AQUOS R 初代から大幅に拡大しましたが、AQUOS R Compact のような狭額縁デザインを採用したことで、本体の横幅は 5.3 インチ画面の AQUOS R と同じサイズなのです。片手持ちで操作しやすそう。スマートフォンとして初めて「ドルビービジョン」と「ドルビーアトモス」に対応

・液晶テレビ「AQUOS」で培った高画質化技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」に加え、スマートフォンとして初めて最先端のHDR映像方式「ドルビービジョン」と立体音響技術の「ドルビーアトモス」を採用。加えて、次世代オーディオコーデック「DolbyⓇAC-4(ドルビーAC-4)」にも対応し、シーンにあわせたリアルな映像と没入感のあるサウンドをお楽しみいただけます。さらに、HDR10やVP9※7などのHDRコンテンツの再生にも対応し、映像をきめ細かく色鮮やかに表示します。

プロセッサは Snapdragon 845

バッテリー容量は 3,130mAh

AQUOS R2 はリアに 2 つのカメラを持つデュアルカメラスマートフォンで、135 度の広角レンズを持つカメラは動画用、通常画角で 2,260 万画素のメインカメラは静止画用と役割分担する方式を採用しており、動画と静止画を同時に撮影できるように思います。

そして、上記の通りAI を活用したカメラ機能も加わり、動画の撮影時に被写体や構図を分析し、例えば子どもの笑顔の瞬間やペットがカメラを向いた様子を識別し自動で撮影するなど便利になっています。

2017年から AQUOS R シリーズがシャープの統一モデルとして展開されており、2 代目となるAQUOS R2 は R からスペックを大幅に上げ、国内初・世界初の要素もいくつか見られるなど話題の一台です。

デザイン面は少し好みが分かれますが、スペックや機能は海外モデルと比較しても全く見劣りしません。むしろ AQUOS R2 の方が多くの他社フラッグシップモデルを上回っているようにも思えます。ぜひとも欲しい一台です。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加