iPhone9s採用か!?充電中も防水!Lightning端子耐水化の特許を申請

スポンサーリンク

今日、米国特許商標庁は、iPhoneなどのiDeviceに接続して液密シールを作成できるようになる次世代の落雷コネクタに関連する特許出願をAppleから発行しました。

電子機器がその操作者にとってより不可欠になるにつれて、ますます過酷な環境で使用され、湿気や破片に曝されて、コネクタや電子機器に液体や異物が侵入する可能性がある。これは、コネクタ内での損傷、および電子デバイス内の回路への損傷の可能性があります。このような環境損傷から電子デバイスおよび/またはアクセサリを保護することによって、電子デバイスおよび/またはアクセサリの新しい用途を可能にすることができる。

アップルの発明は、湿気がコネクタおよび/または電子デバイスに浸透するのを妨げるように構成された1つまたは複数のガスケットまたはシールを有する電気コネクタに関する。様々な実施形態は、コネクタプラグが電子装置と嵌合するときに液密シールが形成されるように、コネクタプラグおよび/または電子装置内に配置されるシールに関する。

一例では、変形可能な周辺シールが、受け入れ開口部と複数の電気接点との間に配置され、変形可能な周辺シールは、受け入れ開口部と整列した開口部を有し、開口部は受け入れ開口部より小さい。

Appleの特許図12Bは、電子装置のレセプタクルコネクタに取り付けられたプラグコネクタの断面図を示す。第1の表面および第2の表面は、それらが空洞内に挿入されるとき、電子デバイス#1235のリセプタクルコネクタキャビティ#1230に対して液密封止を形成する。いくつかの実施形態では、プラグコネクタは、金属または他の剛性材料から形成された内部フレーム#1240を含むことができ、プラグコネクタはその形状を保持し、複数のコンタクト#1260(1)を保持することができる。 。 。 #1260(8)はレセプタクルコンタクト#1245と接触することがあります。プラグコネクタは、誘電体フレーム内に複数の電気接点を保持することができる接触領域#1265を有することができる。この特定の実施形態は8つの電気接点を有するが、他の実施形態は、多かれ少なかれ電気接点を有することができる。

他の実施形態(図12Aおよび図12Bには図示せず)において、タブ#1290の前部は、拡大した「球状」の断面を有してもよく、変形可能なシール材料から作製され、キャビティの端。さらなる実施形態では、本体#1255の全体または大部分は、本明細書に開示されるシール材料などの変形可能な材料から作製され得、電子デバイスに対して液密封止を形成することができる。より具体的には、一実施形態では、本体は、変形可能な材料でコーティングされてもよい。

Appleの特許出願は2017年第1四半期に提出されました。これが特許出願であることを考慮すると、このような製品の市場投入時期は今のところ不明です。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加