iPhone VS Galaxy S9+、一部のベンチマークテストでアップル勝利!

スポンサーリンク

iPhone VS Galaxy S9+、一部のベンチマークテストでアップル勝利!

Samsungがリリースしたばかりの最新モデルGalaxy S9+が、一部のベンチマークテストでiPhoneを下回ったことがわかりました。

リフレッシャーとして、今年の初めにSamsung LSIは、新しいExynos 9810で2倍のシングルスレッドパフォーマンスを大幅に向上させたと爆発しました。これは、当初、このクレームの有効性について多くの論争と議論を引き起こしましたが我々は新しいExynos M3コアの高度なマイクロアーキテクチャー機能を専らカバーしていましたが、パフォーマンスの主張はマーケティング主張だけではないことが明らかでした。新しいサムスンのCPUコアは、Android SoCに電力を供給する最初の「非常に広い」CPUマイクロアーキテクチャであり、最初にシングルスレッド性能を最大化する方向でAppleの足跡をたどりました。その結果、Androidマーケットにとって非常に興味深く、理想的には非常に強力なSoCとなることでしょう。

クロック速度の決定

まず、私にとって最大の質問の1つは、サムスンがGalaxy S9で使用する最終的な時計を確認することでした。サムスンのLSI部門がチップセットのために広告する2.9GHzより200MHz低い2704MHzのクロックを検出しました。ストーリーをより魅力的にするのは、クラスタ内のコアの1つがアクティブな場合に2.7GHzのクロックしか達成できないため、サムスンは大きなクラスタのアクティブなコア数に応じてスケーラブルな最大周波数を使用します。 2つのアクティブコアで周波数は2314MHzに低下し、3つと4つのアクティブコアはコアが1794MHzにクロックダウンするだけです。

また、Mali G72MP18 GPUが非常に控えめな572MHzで動作していることも確認できます。以前の世代のExynos 8895は、同様の546MHzで動作する、より大きなMP20構成を備えていました。 GPUの結果として得られるパフォーマンスの向上は、グラフィックスの約650〜700MHzのクロックに賭けていたので、私たちが予想していたよりもさらに低いようです。

GeekBench 4(シングルコア)ではSnapdragon 845超え

米テック系メディアAnandTechが、Exynos 9810を搭載したGalaxy S9+を対象とし、複数のベンチマークテストを行いました。

GeekBench 4(シングルコア)のテストでは、Snapdragon 845を上回るスコアを出しています(アメリカや中国などで販売されるGalaxy S9/S9+はSnapdragon 845を搭載)。このスコアはすでに流出しているものと一致しています。

しかしA11を搭載するiPhone X/8/8 Plusだけでなく、A10を搭載するiPhone7/7 Plusを若干下回っています。とはいえその差はわずかです。

ブラウザベンチマークテストは残念な結果に

ところがブラウザベンチマークテストは、非常に残念な結果となってしまいました。AnandTechは「テストに使ったExynos 9810搭載のS9+には、何か大きな問題があったのは明らかだ。昨年のExynos 8895とほとんど差がない」とコメント。

iPhone7やQualcommのSnapdragon 845を搭載した参照用デバイスのスコアをも大きく下回ったことから、Samsungが採用した新たなCPUスケジューラーに問題があるのでは推測していますが、正確な原因は分からないと述べています。

ただしこのテストに用いられたのはデモ機であるため、「実際に出荷されるGalaxy S9+とは異なることを期待する」とAnandTechは記しています

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加