デュアルディスプレイ!新世代新型 iPad Proの特許をアップル取得 2021年発売か?

スポンサーリンク

デュアルディスプレイ!新世代新型 iPad Proの特許を取得2021年発売か?

Source penalty Apple

直訳分

米国特許商標庁は、本日、正式にアップル社の新たに付与された26件の特許を公開した。この特定のレポートでは、「視認性と抑制された反射を備えたデュアルディスプレイ装置」と題されたAppleの特許をカバーしています。下のAppleの特許の図に示されているデバイスは、物理キーボードまたはトラックパッドを排除するデュアルディスプレイノートブックを示しています。このようにして、第2のディスプレイは、スケッチパッド、ゲーム制御、および過去の特許で論じられているようなものとしても使用することができる。

アップルは、1つのバージョンでは、ヒンジが2つのディスプレイを一緒に保持して新しい種類のMacBookを形成していることに気づいています。

もう1つまたは代替のバージョンでは、ヒンジを磁気で設計して、クラシックな2-in-1デバイスまたは第2世代iPad Proにして、上部ディスプレイを取り外してスタンドアロンiPadとして使用できるようにすることができます。

特許文献1に示されるように、ハウジング12は、上側ハウジング(蓋)12Aのような第1の部分と、第1の部分に対して動く下側ハウジング(ベース)12Bのような第2の部分とを含むことができる。

ヒンジは、上側ハウジング12Aが下側ハウジング12Bに対して、軸22を中心にした方向20に回転することを可能にすることができる。ハウジング12Aおよびハウジング12Bは、(例えば、装置10がラップトップコンピュータである構成の)永久ヒンジ装置を使用して互いに取り付けられてもよい。

別の態様では、ハウジング12Aおよび12Bは、磁気ヒンジまたは他の取り外し可能なヒンジ機構を使用して取り付け可能な別個の部品の部分であってもよい(例えば、ハウジング12Aがタブレットコンピュータハウジングであり、ハウジング12Bがキーボードまたはキーボードを備えたタブレットコンピュータのカバー)。

特許は、サングラスを着用しながら、この新しい発明のコンテンツを見る能力もカバーしています。この発明の詳細については、1年前に投稿された「クール:アップルがサングラス付きアウトドアを使用できるデュアルディスプレイMacBookを発明した」というオリジナル特許出願のレポートを参照してください。

アップルの付与特許9,904,502は、もともとは2015年3月3日に提出され、米国特許商標庁によって今日公表されました。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加