Apple、CES 2018ではARヘッドセットのサプライヤー探しに力を入れていた?

スポンサーリンク

Apple、CES 2018ではARヘッドセットのサプライヤー探しに力を入れていた?

AppleはARメガネに取り組んでいると長い間噂されているが、CEOのTim Cookらは何かが繰り返し行われていることを何度も否定している。これはまだ当てはまるかもしれないが、ブルームバーグが同社がCES 2018に出席していると報告したため、ティム・クックが「技術を永遠に使う方法を変える」と主張しているのは、 ARメガネのコンポーネントのサプライヤと話をする。

Google、Facebook、Snapなどが出席したことで、アップル社だけではなく、ヘッドマウントディスプレイを立ち上げていない唯一の企業だ。 GoogleはDaydream Viewを、Facebookは2014年にOculusを買収し、Snapは2年前にメガネを使ってマーケットに違反した。

逃げないでください

この50ドルのサウンドバーでどのテレビでもサウンドをアップグレードする

AppleはARメガネの販売を計画していないが、2017年後半のブルームバーグの報道によると、2020年にはハードウェアを出荷する意向で、2019年までに技術が準備されるという。 rOSはiOSをベースにしているが、アップルは依然としてユーザーがどのようにそれをやりとりするかを考えている。

もちろん、これはAppleによってまだ確認されておらず、その技術が実際には少なくとも1年も外れている場合、かなりの時間にわたりその確かな証拠はあまり見られません。クック氏は、昨年10月の独立記派とのインタビューで、「技術自体は品質の面でそれを実現するものではない」と語った。

現時点では具体的な情報はあまりありませんが、アップルはARメガネをどのように構築するのか、それを誰が構築するのかを把握しているようです。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加