LINE、ビットコインなどの仮想通貨を導入!LINE Payで使える

スポンサーリンク

LINE、ビットコインなどの仮想通貨を導入!LINE Payで使える?

遂にここにも仮想通貨の波が!?

LINEにビットコインなど仮想通貨を導入する計画があることが明らかになった。LINEの決済サービス「LINE Pay」に組み込む予定で実現すれば決済した金額を仮想通貨で支払うことが可能になる。仮想通貨の詳しい利用方法については言及されていませんが、このLINE Payは銀行やコンビニからチャージした残高で、LINEの友達へ送金などができるサービスです。

Bloombergが得た情報によると、LINEの決済サービス「LINE Pay」に仮想通貨を採用する計画があるようだ。

LINE Payは、ショッピングサイトの決済やLINEでつながっている友だちや家族との間で送金もできるサービス。LINE Payカードでは店舗での支払いもでき、決済額に応じて2%のポイント還元が受けられる。現在はコンビニまたは銀行口座振替・振込、クレジットカードで事前にチャージした金額で決済できるが、今回の報道が実現すれば仮想通貨を現金代わりにして決済できるようになるかもしれない。

なお、LINEは2018年内にもLINEで利用できる「LINEポイント」を実店舗にも導入すると報じられている。店舗ごとバラバラになっているポイントサービスを集約できるため、対応店舗が増加すればポイントが貯まる。

2014年にサービスを開始したLINE Payは、2017年5月時点でユーザー数が3,800万人、月間流通総額が780億円を突破している。

以前は日本国内で圧倒的なシェアを誇っていたLINEですが、最近は成長が止まっているという報道も聞くようになりました。一方仮想通貨はますますその存在感を増しており、LINEは仮想通貨を取り扱うことで、さらにその決済プラットフォームを拡大したいという狙いがあるのかもしれません。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加