【CES 2018】ミドルレンジワイヤレス充電技術革新!注目集まる

スポンサーリンク

【CES 2018】ミドルレンジワイヤレス充電技術革新!注目集まる

CES 2018ではワイヤレス・パワー・コンソーシアム(WPC)が策定、中距離ワイヤレス充電技術が注目です。

照明器具で中距離充電する

イスラエルの中距離充電開発会社Wi-Chargeは、赤外線によってワイヤレス充電を可能にする技術を提供する会社です。同社のシステムは赤外線を送るトランスミッターと、それを受け取って電気に転換するレシーバーとで構成されています。

現在3モデルあるトランスミッターはCES会場で稼働してました。普通の照明LIGHTSを天井に設置すれば、トランスミッターを取り付けたタブレット、スマートフォン、ノートPCなどを、ワイヤレスに充電することができます。

Wi-Charge社によれば、トランスミッターが内蔵するアルゴリズムにより、複数のデバイスを自動的かつ同時に充電することができます。またトランスミッターが発する赤外線は100%、レシーバーに届くとのことです。

このブースではLIGHTSで給電したおもちゃの列車を走らせるデモが行われ、人の山ができていました。

以前よりAppleとの提携が噂されているEnergousは、昨年末に同社の中距離ワイヤレス充電技術「WattUp」が米連邦通信委員会(FCC)の認可を受けた影響で、CESでも本格的に出展していないにも関わらず、ブースには次々と人が訪れていました。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加