2018年発売のiPhone8s 9 XI に搭載予定の「A12」TSMCが独占契約獲得

スポンサーリンク

2018年発売のiPhone8s 9 XI に搭載予定の「A12」TSMCが独占契約獲得!

台湾のTSMCが2018年モデルのiPhone8s 9 XI に搭載されるA12プロセッサの独占契約をAppleと締結したとDigiTimesが報じました。

技術革新がヤバイ!A11の10nmより微細化が進む、A12は7nmに
TSMCは、iPhone8/8 Plus,iPhone X、に搭載されているA11を独占供給していますが、独占契約は2018年モデルでも継続される模様です。

今のところ2018年モデルは4モデルが期待されてますが、その内の、3モデルに搭載される予定のA12プロセッサの供給についてのみTSMCがAppleと契約を締結したとDigiTimesが報じています。

A12プロセッサは30パーセントも小型化に成功した7nmプロセスで製造され、A11 プロセッサのサイズ10nmよりもさらに部品の微細化が進むことにより、処理性能を格段に上げることができるほか省エネ向上にもなる模様です。

TSMCは、2019年までにはA11より50パーセントも小型の5nmプロセスのプロセッサを製造工場を完成する予定であり、iPhone9or12予測の2019年モデルのiPhone にも搭載できる見込みです。

さらに、A11モデルの70パーセントも小型の3nmプロセスの開発にも成功しており、対応する製造工場を2021年までには完成させ、同時に試作品が完成するそうです。

なお、TSMCは、昨年11月にプロセッサの進化速度についてムーアの法則はいらないとし、TSMCは2017年より8年間、トランジスタの集積密度を上げ続けるが、2025年には進化がが一旦止まると発言しています。
技術で一歩先行くTSMCに遅れているサムスン電子
2015年のiPhone6sシリーズでは、サムスン電子のA9プロセッサを最後に、Aシリーズプロセッサのサプライヤーから2年連続除外されてしまっています。
サムスン電子も、A11より30%小型の7nmプロセスでの製造工場を今年下半期に完成する予定で、6nmか5nmプロセスには2019年、3nmプロセスには2020年に対応予定とみられていますが正直技術面で台湾のTSMCに一歩先に行かれているのが明らかです。
なお、iPhone6sシリーズにはTSMC製とSamsung製の2社のプロセッサが併用採用されましたが、サムスン電子製プロセッサは端末はバッテリー消費が激しいとの指摘が相次ぎ巷を騒がせました。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加