バッテリー・速度問題「旧iPhone」と違ってiPadは遅くならない!?

スポンサーリンク

バッテリ・速度問題「旧iPhone」と違ってiPadは遅くならない!?

Appleは、iPhoneの速度制御問題について説明し、iPhone6以降のバッテリーを割引料金日本円で3800円で平成30年度12月まで交換することで対応しています。また今回の一連の問題で、同じiOSが動作するiPadが気になりまりますが今のところユーザーからの報告は聞きません。

iPadは動作が遅くならない
旧iPhoneの速度が低下する問題について、バッテリーの劣化により出力が不安定になることで、突然ダウンるのを回避するために、iPhone61以降のすべてのモデルの動作速度を制御している、とアップルは説明している。そうなるとやはりiPhoneと同じiOSデバイスであるiPadを活用しているユーザーにとっては、同様の問題がiPadにも発生しているのではないか、と気になるところです。

しかし、米メディアiMoreは「iPadについては、少なくとも現時点では心配ない」と、iPadユーザーに呼びかけています。
iPadがバッテリー劣化の影響を受けにくい理由
Appleは、iOS10.2.1とiOS11.2で適用したバッテリー管理の対象をiPhone6以降のiPhoneに限定しており、iPadにはiPhone用のバッテリー管理システムが適用されておらず、現時点ではiPadはパフォーマンス抑制の対象にはなっていません。

また、iPadはiPhoneよりもバッテリーの容量が大きいことから出力が不安定になってもiPhoneよりもその影響を小さくとどめることができると専門家は話します。そしてiPadは充電の頻度がiPhoneより一般的に少なく放熱性能に優れており劣化の影響を受けにくいというメリットが考えられます。

Appleは、バッテリー寿命として、フル充電サイクルを何回繰り返した時に、本来の容量の最大80%を維持できる設計になっているかを公開しています。iPadは1,000回のフル充電サイクル、iPhoneは500回が目安とされており、iPadの方が長期間の使用に向いている設計になっています。
ですがiPadも、高温で使用を続ければパフォーマンスは落ちます。また、リチウムバッテリーの性質を良く理解して使用することも大事です。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加