iPhoneユーザー必見!自分のバッテリー寿命をチェックする方法

スポンサーリンク

iPhoneユーザー必見!自分のバッテリー寿命をチェックする方法

バッテリーが頻繁な充放電を繰り返すことにより、あなたのバッテリーはすでに弱まっているかもしれません。そんなあなたにiPhoneやiPadなどiOSデバイスのバッテリーの状態をチェックできる方法をご紹介します.

バッテリーの状態を示す「フル充電サイクル」
iPhoneやMacなどのApple製品は、バッテリーの「フル充電サイクル」の数字によって、状態を把握することができます。

フル充電サイクルの1サイクルは、残量0から100%まで充電することを指します。例えば、25%から75%までの充電なら、2回で1サイクルに相当します。単純に充電した回数ではないので注意が必要です。

Appleは各製品のバッテリー寿命の目安を公開
Appleは、製品ごとに目安となるフル充電サイクルを何回繰り返した時に、本来の容量の最大何%を維持できる設計がされているかを公開しています。

* iPhone:フル充電サイクルを500回繰り返した時に本来の容量の最大80%
* iPod:フル充電サイクルを400回繰り返した時に本来の容量の最大80%
* iPad:フル充電サイクルを1,000回繰り返した時に本来の容量の最大80%

確認にはパソコンが必要となってしまいますが、ここではMacユーザー方法を取り上げているのでご紹介します。

またインターネットからアプリをインストール・ダウンロードすることによるリスクを伴うことをご了承ください。

Macユーザーなら無料アプリ利用可能
Macユーザーはフリーアプリ「coconut Battery」をインストールし、LightningケーブルでiOSデバイスと接続すると、「iOS Device」タブにiPhoneのバッテリー状態が表示されます。

以下は筆者が昨年12月から使っているiPhone7 Plusのバッテリー状態を表示したウィンドウです。「Cycle Count」を見ると「254」とあり、目安となる500回の半分程度となっています。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加