話題の2017年新型3機種 iPhone X 8など販売シェアで意外!2014年以降最低に

スポンサーリンク

話題の2017年新型3機種 iPhone X 8など販売シェアで意外!2014年以降最低に

注目を集めたiPhone発売10周年 2017モデルのiPhone XとiPhone8/8 Plusの販売台数がiPhoneの総販売数に占めるシェアを合計しても69%で、なんと2016年のiPhone7/7 Plusの2モデル合計の73%に届いていないことがアップルの発表でわかりました。

2018年モデル合計は2014年以来最低
発売2017年12月時点で、新型iPhoneの販売台数がiPhoneシリーズ全体の販売台数に占めるシェアを比較したのが以下のグラフです。

iPhone X発売からジャスト1カ月が経過した3日時点で、iPhone全体の販売数に占めるiPhone8/8 Plusの合計シェアは39%で、iPhone Xのシェアは30%でした。

つまり、2017年の新型iPhone3モデルのシェアは69%となり、2016年にiPhone7/7 Plusが73%、2014年にはiPhone6/6 Plusが91%をを占めていたのと比べて低くなっています。
iPhone Xの場合は、これまでのiPhoneと比べて価格帯が高いこと、在庫不足で入手しずらい噂やiPhone7の人気がまだ続いていることが影響したとも言えます。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加