次世代最速通信網5G情報 3GPP発表日本語訳

スポンサーリンク

As expected, members of the 3GPP ratified the Non-Standalone (NSA) 5G New Radio (NR) specification for what will form the basis of commercial 5G products, capping off months of meetings and work to get consensus.

The industry agreed earlier this year to accelerate the timeline so that at least part of the 5G standards work would be complete by the end of this year rather than having it all come due next summer. While some folks were skeptical about getting all the work done by now, many industry leaders were confident it would get done since most of the nitty-gritty details were worked out in working group meetings before the plenary this week. The ratification took place at a RAN plenary meeting in Lisbon, Portugal, with the first reports surfacing on Twitter.

日本語訳
予想通り、3GPPのメンバーは、商業用5G製品の基礎を形成し、何ヶ月もの会議を控え、コンセンサスを得るために、非スタンドアロン(NSA)5Gニューラジオ(NR)仕様を批准しました。

業界は今年初めにタイムラインを加速することで合意し、5G標準作業の少なくとも一部は来年夏に予定されているのではなく、今年末までに完了すると同意した。何人かの人々が今までにすべての作業を終わらせることについて懐疑的であったが、多くの業界リーダーは、今週プレナリーの前にワーキング集会の議論の大部分が成果を上げていたため、この批准は、ポルトガルのリスボンで開催されたRANプレナリー会合で行われ、最初の報告はTwitterで行われました。

3GPP will publish the specifications this week, and those specifications are what vendors will build off of, according to Matt Branda, director of technical marketing at Qualcomm. “This is really the step that enables vendors to start building equipment off of,” he told FierceWirelessTech.
3GPP will publish the specifications this week, and those specifications are what vendors will build off of, according to Matt Branda, director of technical marketing at Qualcomm. “This is really the step that enables vendors to start building equipment off of,” he told FierceWirelessTech.

クアルコムのテクニカル・マーケティング担当ディレクター、マット・ブランドダ氏によると、3GPPは今週仕様書を発表し、その仕様はベンダーが構築するものであるという。 「これは、実際にベンダーが機器の製造を開始できるようにするステップです」とFierceWirelessTech氏は語ります。
クアルコムのテクニカル・マーケティング担当ディレクター、マット・ブランドダ氏によると、3GPPは今週仕様書を発表し、その仕様はベンダーが構築するものであるという。 「これは、実際にベンダーが機器の製造を開始できるようにするステップです」とFierceWirelessTech氏は語ります。

国内では 2020 年までに携帯会社が実用化を目指して研究と試験に取り組んでいる第 5 世代移動通信システム(5G)の最初の世界標準仕様となる「5G-NR(New Radio)」の完成

5G-NR 仕様は、2016 年 3 月より標準化への取り組みが進められており、12 月 20 日にポルトガルのリスボンで行われた 3GPP の RAN プレ会合で最終的に 5G-NR 仕様が承認されました。

5G-NR は 2019 年に商用 5G サービスを提供するにあたり欠かせない仕様となり、携帯キャリアや端末メーカーなどのモバイル関連企業はまず 5G-NR 仕様に基づき 5G ネットワークやスマートフォン等のデバイスを設計していくことになります。

5G-NR では、1GHz 以下の低帯域から 1GHz 〜 10GHz の中帯域、24GHz 以上の高帯域まで幅広い周波数帯をサポートしており、例えば 1GHz 以下の周波数帯では 600 ~ 700MHz が、50GHz 帯までには 3.5GHz なども 5G-NR でサポートされています。

Source : fiercewireless

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加