IPhone Xの駆動時間が2時間短いとの情報 次々と報告!?

スポンサーリンク

2017年に登場したiPhoneは、iPhone8/8 Plus、iPhone Xの3種類です。この中でバッテリーの駆動時間でiPhoneを選ぶのであれば、iPhone8/8 Plusという選択肢は検討する価値があるでしょう。以前の報告では新モデル三機種の駆動時間は同等という報告がありましたが今回の実験ではその報告を覆す結果が出ました。

iPhone Xの駆動時間が8より!

Appleは、iPhone Xのバッテリー駆動時間を最大21時間とし、iPhone8シリーズと同等の表示を公式サイトで公開しています。

ですが米サイトCNETが、2017年モデル三機種のバッテリー駆動時間を実機計測したところ、
(測定方法はバッテリーを100パーに充電した状態からオーディオアクセサリに接続し動画を再生するというシンプルなものです)その結果iPhone Xの駆動時間が一番短い結果になりました。

iPhone Xの駆動時間はiPhone8/8 Plusよりも約2時間ほど短いという結果になりました。

* iPhone8:13.5時間
* iPhone8 Plus:13.75時間
* iPhone X:11.45時間

省エネのはずのOLEDも原因?
iPhone Xだけが短くなった理由について、CNETは、TrueDepthカメラのほか、有機EL(OLED)ディスプレイが原因なのではないかと推測しています。

OLEDは従来の液晶ディスプレイに比べて省電力であるとされていますが、発光の強弱で色を表現しているため、黒など暗い背景の時でなければ、電力を多く消費することには変わりないというわけです。

なお、その他のニュースサイトPhoneArenaでも2時間ほどの違いがあるというデータを公開しています。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加