DOOGEE MIX2 18:9のディスプレイとデュアルカメラ搭載 

スポンサーリンク

DOOGEE MIX 2 18:9アスペクト比に丸みのある設計

DOOGEE MIXは7ヶ月前に購入できるようになったため、すべてのアカウントで比較的新しい携帯電話です。

中国の地元メーカーの中では比較的メジャーな Doogee がアスペクト比 18:9 の縦長ディスプレイを採用した新型スマートフォン「MIX2」を発表する模様です。

MIX 2 というネーミングは Xiaomi の Mi MIX 2 に似ていますが、流出した実機の写真は Galaxy S8 のような外観です。両方をかけ合わせた機種を出すことを画策しているのでしょうか。

伝えられているところによると、MIX 2 は 5.99 インチ FHD+ のディスプレイや Helio P25 オクタコアプロセッサ、6GB / 8GB RAM、128GB ROM、デュアルカメラを前後に搭載しています。
スペック的に非常に魅力的な内容で、今後はこういったデザインやスペックの機種が中国で増えていくものと見られます。

2017年に人気のあるスマートフォンのように、DOOGEE MIX 2は、

丸みを帯びたコーナーの使用は、現在、はるかに一般的になっており、サムスンギャラクシーS8、LG G6、さらにはXiaomi Mi Mix 2など、多くのハイプロファイルデバイスで見ることができます。実際、 ラウンドコーナーは、最小限のベゼルレベルを備えたデバイスと連携しています。 DOOGEE MIX 2には丸みを帯びたコーナーが含まれているとDOOGEEは述べています。これはかなり大きな5.99インチディスプレイだけでなく、 18:9のアスペクト比の採用。 その結果、元のDOOGEE MIXで見つかった16:9のアスペクト比とFHD解像度と比較して、
FHD +解像度を採用したDOOGEE MIX 2の解像度も変化しています

DOOGEEは、DIX MIXに含まれていなかったように、コーナーが丸められているまでMIX 2まで待っていた理由は、コーナーが正しく行われたことを確認する意思があるためだと説明しています。 DOOGEEは、スマートフォンに角を丸めることは複雑な手順であると指摘しています。高度な技術を必要とするものと、複数の方法で間違ってしまうものがあります。このように、DOOGEEは、ベゼルレス・ラインがプレミアム・デバイスで見られるのと同じ設計面を提供するための手順を完璧にするのに多額の時間と労力を費やしたことを指摘しています。 DOOGEEはまた、丸いコーナーを使用することで、DOOGEE MIX 2を最初のミッドレンジスマートフォンにすることに気づいた。より魅力的なデザインの明白な利点の他に、丸められたコーナーはさらに、スクリーン対ボディ比をさらに高めることになります。消費者に、より多くのお金を提供します。

DOOGEE MIX 2のデザインポイントの数を確認し、上と下の画像を提供するだけでなく、
同社はDOOGEE MIX 2の公式ティーザービデオもリリースしました。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加