iPhone Xの品不足は来年2月頃まで継続か?その後ゴールドか赤が追加される?

iPhone Xの予約開始は10月27日、発売開始は11月3日ですが品不足が解消されるのは来年になりそうです。


iPhone Xはクリスマス商戦には間に合わない!

Apple情報の正確さで知られるKGI証券のクオ氏が入手した情報によれば、iPhone Xの需要に供給が追いつくのは、来年2月になる模様です。
顔認識システムとフルスクリーン設計が、iPhone Xの売上を牽引するだろう。しかし供給上の制約により、2017年中に市場の需要が完全に満たされることはないと思われる。そんな中クリスマス商戦の購買意欲 からくるプレミアム感でさらに需要が増してくると考えられる。

2017年度のiPhone X出荷台数予測を4,000万台へと引き下げるが、2018年度のiPhone X出荷台数予測については9,000万台へと引き上げることになるようです。

iPhone Xの予約開始がiPhone8/8 Plusより6週間遅れる理由についてクオ氏は、iPhone Xの品不足だけでなくiPhone8 の売上を確保する為としている。
iPhone Xに「ゴールド」や「レッド」は追加されるのか


クオ氏はiPhone Xが発表される直前、「ゴールド」の製造に問題が生じており、ほかのカラーモデルよりもあとから発売される可能性がある、と予測していました。よってその問題が解消されればゴールドが発売される模様です。またiPhoneXの売上が落ち着く5月前後にプレミアムカラーのレッドが発売される期待が高まっている。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加