純正のワイヤレス充電器「AirPower」の現時点での情報すべて

スポンサーリンク

純正のワイヤレス充電器「AirPower」の現時点での情報すべて

「iPhone X」と「Apple Watch」と「AirPods」を同時にワイヤレス充電ができる「AirPower」が登場しました。

その詳細は

・1個で3つ同時に「iPhone X」「Apple Watch」「AirPods」をワイヤレス充電が可能。
・AirPodsは無線充電が可能になるケースが別途リリースへ。
・価格などの言及はなし。
・2018年にリリース。

気になる発売日に関してはとにかく2018年に出るってことは言われてるんですが、まだ価格などの詳細はわかっていません。

ワイヤレス充電は標準になりそうでならずにここまでやってきましたが、その理由のひとつはPMAか、Qiか、みたいな業界内でのつばぜり合いにあったと思われます。サムスンのGalaxy S8とかNote 8は両方の標準をサポートしていますが、スマホの世界市場シェア16.9%を持つAppleがQi陣営のWPC(ワイヤレスパワーコンソーシアム)に加入した時点でQiの優勢がはっきりしてきました。とはいえ今日の発表でも、AppleとしてはQiそのもののあり方を変えたいみたいでした。

AirPowerに関してそれ以外にわかっていることは、iPhone1台とApple Watch、そしてAirPodsを同時に充電できるってことくらいです。充電がワイヤレスってことはiPhoneのLightningポートは空くので、デスクで充電中のiPhoneに有線のヘッドフォンをつないで音楽を聞く、とかもできます。

とりあえず今Appleは、自社の技術とQi標準を統合すべくWPCと協議中、としか言ってくれてません。AirPowerの発売時期に関しても「来年」ってだけでなんだかもやっとしてるんですが、iPhoneにApple Watchに(しかもApple Watch Series 1はケーブルがやけに長かった)…と充電周りがゴチャゴチャして悩んできた方々、楽しみに待ちましょう!

Qi規格、7.5Wの高速充電はソフトアップデート必要

現地時間9月12日のスペシャルイベントで発表されたiPhone X、iPhone8、iPhone8 Plusは、iPhoneシリーズとして初めてワイヤレス充電に対応します。

iPhoneなどApple製品対応用のアクセサリー類を数多く販売する人気ブランドのmophieとBelkinから、iPhone X、iPhone8、iPhone8 Plus向けのワイヤレス充電器が発表され、Appleの公式サイトに掲載されています。

ともに、Qi(チー)規格のワイヤレス充電器で、最大7.5Wでの高速充電が可能です。

なお、7.5Wでの高速充電は、年内に提供されるソフトウェアアップデートにより利用可能になる、と案内されています。

コンパクトが特徴、黒いボディのmophie

「mophie wireless charging base」は、滑りにくく、iPhoneのガラス製背面に傷をつけないラバーコーティング仕上げとなっています。本体色は黒です。

mophie wireless charging base

サイズは、高さ : 11.5 mm、長さ : 97 mm、幅 : 97 mm、重量124 gとコンパクトなのが特徴です。

mophie wireless charging base

価格は6,980円(税別)で、ケーブル長 1.5 mのAC電源アダプタが付属します。

天面のLEDインジケーターが特徴、白いBelkin

「Belkin Boost Up Wireless Charging Pad」は、iPhone X、iPhone8/8 Plusを厚さ3mmまでのケースに入れたまま充電できるのが特徴です。本体色は白です。

Belkin Boost Up Wireless Charging Pad

iPhoneの充電が開始されると、LED充電インジケータが点灯します。

Belkin Boost Up Wireless Charging Pad

本体サイズは、高さ : 19.05 cm、長さ : 4.44 cm、幅 : 13.97 cmとなっています。

Belkin Boost Up Wireless Charging Pad

こちらも価格は6,980円(税別)で、AC電源アダプタが付属します。なお、本稿執筆時点で、本体重量と電源コードの長さについての情報はありません。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加