iPhoneX発売日は10月後半 OLED向けの壁紙 顔認証の解説

iPhoneX発売日は10月後半

発表が見込まれる有機EL(OLED)ディスプレイ搭載のiPhone8/Xについて、発表はマイナーアップデート版であるiPhone7s/7s Plusと同時に行なわれるものの、発売は2モデルよりも大きく遅れるとの見方を、アナリストが明らかにしました
Appleは(製造段階の初期だけでなく)現在もiPhone8/Xにおいて「メタルフレームの問題を抱えている」と発言しました。

ザン氏は、9月12日のイベントで3モデルは同時に発表されるものの、iPhone8/Xだけは正式な発売が10月後半かそれ以降にずれ込む、と述べています。

発売の遅れは競合モデルにはシェア獲得のチャンスか

同氏は8月にも、「9月末までに製造されるiPhone8/Xは500万台未満」と発言しており、深刻な品薄状態を予測していました。

また3モデルが同時に発表されても、iPhone8/Xの出荷時期は他の2モデルよりも遅れるという情報は、つい先日TechCrunchも報じています。

ザン氏は、iPhone8/Xの発売が遅れれば、SamsungのGalaxy Note 8やHuaweiのMate 10が市場シェアを獲得するチャンスが生まれるとも予測しています。

iPhone XのOLED向けの壁紙も

iOS11の正式発表前の最終版となるゴールデンマスター(GM)版が流出し、新規追加された16種類の壁紙が判明した、と米メディア9to5Macが報じています。初代iPhoneに搭載されていた「地球」の壁紙や、以前のAppleのロゴを連想させるレインボーカラーの壁紙、そしてiPhone X用とみられる壁紙の存在が確認されています。

iOS11GM版の壁紙

9月12日のスペシャルイベントで正式版のリリースが発表され、数日後の公開が見込まれるiOS11のGM版が流出し、その中に新たな壁紙が確認されました。

初代iPhoneに採用されていた地球に加え、夜の地球と月を描いたもの、昔のAppleロゴに使われていたレインボーカラーが斜めに走るもの、花を描いたもの、そして、真っ黒な壁紙があります。
iOS11GM版の壁紙
今回流出したのは、静止画の壁紙で、ダイナミック壁紙は追加されていないようです。

iPhone XのOLED用?「真っ黒」の壁紙も

真っ黒な壁紙は、「黒」の表示に電流を消費しないことで省電力化が可能な、iPhone X(iPhone8)に搭載が確実視される有機EL(OLED)ディスプレイの特性を活かすためのものと考えられます。

4つのセンサーが顔認証に活躍

精度の高い情報で知られるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏によると、新たな顔認証システムは、大まかに4つの部品(構造化照明トランスミッター、構造化照明レシーバー、インカメラ、測距/近接センサー。下記画像では環境光センサーも図示されている)に分けることができるそうです。

3d顔認証 maciphone8 iphone x センサー 顔認証 face id

このうち、3次元モデルを取得する構造化照明センサーは、iPhone Xより新たに搭載されたもので、対象の表面に特殊な設計の光パターンを投射することで、投射されたパターンの変形を検知します。これによって得られた3D情報と、インカメラから得られた2D情報が、ソフトウェアのアルゴリズムによってデータとして結合されると、クオ氏は解説します。

また、センサーからおよそ50~100cmの適切な範囲内に収まるよう、測距/近接センサーが、iPhoneに対してユーザーが近すぎるか、遠すぎるかを判断します。

カラーバリエーションに「ホワイト」が復活?

興味深いことに、クオ氏は「OLEDのiPhoneモデルすべて(ホワイト、ブラック、ゴールド)が、黒くコーティングされたフロントガラスを搭載する」とも述べています。

したがって、もし事実であるとすれば、ホワイトのボディにフロントガラスという黒の組み合わせは、iPhone3G/3GS以来となります。

また、カラーバリエーションについても「ホワイト、ブラック、ゴールド」の3種類を挙げており、これまで噂されてきた「シルバー、ブラック、ブラッシュゴールド(コッパーゴールド)」とは異なる点にも注目しておきたいところです。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加