iPhone Xの購入者に「Apple Music」と「iCloud」を無料 ラベルも公開

iPhone Xの購入者に「Apple Music」と「iCloud」を無料 ラベルも公開

10周年記念としてApple Musicと200GBのiCloudが1年間無料サービス

iPhone 8/Xの販売価格は全容量が10万円以上に設定されると複数紙が報じている。iPhone 8シリーズは64GB/256GB/512GBのラインナップになるようだが、最低容量の64GBでもiPhone 7 Plusの最大容量256GBを上回ることになる。

消費者の負担は非常に大きい。そこでAppleは自社が提供するサービスを特典として提供することで負担を和らげる計画があるのかもしれない。

バークレイズのアナリスト、Mark Moskowitz氏らはiPhone 8/Xの購入特典として定額制の音楽配信サービス「Apple Music」とクラウドストレージ「iCloud」の200GB利用権を1年間無料提供すると予想している。合計16,560円の特典で予想販売価格から差し引くと83,440円となり、iPhone 7 Plus・32GBの販売価格、85,800円よりも安くなる。

Apple MusicとiCloudの無料提供は購入者だけでなく、提供するAppleにも大きなメリットがある。特に写真や動画、iPhoneのバックアップを保存する「iCloud」は、保存データをPCに退避させるなどしない限り、行き場がなくなるため翌年以降、有料で契約せざるを得ない状況になってしまう。

なお、Appleの収益源の柱は3ヶ月で248億4600万ドルを稼ぐ「iPhone」だが、2位は72億6600万ドルを稼ぐApple MusicやiCloudなどを含む「サービス」となっている。サービス部門の収益は2017年第3四半期に過去最高の収益を記録するなど非常に好調。無料で提供しても翌年から回収できるとの考えもあるかもしれない。

「iPhone8」のパッケージ用ラベルが流出か~スペースグレイが復活?

9月12日(火:日本時間13日)に発表予定の次世代iPhoneについて、新たな手がかりが登場しました。iPhone8の「スペースグレイ:64GBモデル」があることを示すラベルが、中国SNSの微博に登場したのです。投稿者は「アラブ版のiPhone8」だと伝えています。

次世代iPhone最上位はiPhone8?

この画像に記されている「iPhone8」が、iPhone登場10周年記念モデルなのか、それともiPhone7からのマイナーアップデートモデルを意味しているのかは分かりません。

しかし、モデルナンバーに「A1905」と記されており、iPhone7には1700番台の番号が用いられていたことから、ニュースサイトAppleInsiderは、有機EL(OLED)ディスプレイを搭載した特別モデルがiPhone8なのではないか、と推定しています。

もし、このラベル画像が本物だと仮定した場合、次世代iPhoneには「iPhone8」という名称が使われ、内蔵ストレージに64GB、カラーバリエーションにスペースグレイが存在することになります。

また、これまで黒いラベルはiPhone7のジェットブラックモデルにのみ用いられてきたため、iPhone8ではパッケージが端末のカラーに関係なく黒で統一される可能性もあります。

これまでの情報とは合わない点も?

とはいえ、この画像はこれまで出ていた情報と、異なる点もいくつか存在します。

例えば、今年登場するiPhoneのカラーバリエーションは、これまでブラック、シルバー、ブラッシュゴールド(コッパーゴールド)になると言われてきました。しかも、ラベルに記されているスペースグレイは前モデルのiPhone7で廃止されており、いくら人気色だったとは言え、今になってAppleが復活させるとは考えにくいでしょう。

さらに、10周年記念モデルに相当するiPhoneの名称についても、ローマ数字の「10」を示す「X」で、iPhone XまたはiPhone XE(X Edition)になるとの見方が、最近では主流を占めています。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加