au、メールの@以後を「au.com」に変更。2018年4月から

auが2018年4月以降にメールドメインを「ezweb.ne.jp」から「au.com」に変更すると発表した。さらに、2017年秋冬モデル以降は大幅な機能強化を行う「auメールアプリ」が提供される

携帯電話のメールアドレスを従来の「@ezweb.ne.jp」から「@au.com」に変更する。ただ、ezwebのアドレスの既存の利用者は引き続き利用できるが、変更することもできる

auメールアプリが大幅リニューアル

2017年秋冬モデル以降のAndroidスマートフォン・タブレットには重要なメールをカンタンに見つけたい、自分にとって必要なメールを整理して確認したい、といった要望に答えた新しいauメールアプリが搭載される。

新たに提供されるフィルター機能では、連絡先に登録されている宛先から送信されたメール、auから送信されたメールのみを表示するフィルターが利用できるほか、条件を指定してフィルターを作成することも可能。メールの表示方法では、新着順に表示するだけでなく、送信者のアドレスごとにメールをまとめて表示することもできる。

メールの自動振り分け機能では、メールの受信から90日が経過すると専用ボックスに自動でメールが移動する「過去メール自動振分け機能」が提供される。これによって通常の受信ボックスには常に最新のメールが表示される。専用の受信ボックスに移動したメールは30日/60日/90日経過後にゴミ箱に移動する自動削除機能も提供される。

なお、iPhoneやiPad、2017年夏モデル以前のAndroidスマートフォン・タブレットではマルチデバイス設定でサーバー保存方式を利用している場合は2017年8月30日以降に「過去メール自動振分け機能」のみ利用できる。
携帯電話のメールアドレスは、ソフトバンクでは、前身のボーダフォンの「@t.vodafone.ne.jp」などや、J-PHONEの「@jp-t.ne.jp」などが現在も利用できる。KDDIは、ezwebのアドレスは引き続き利用できるが、前身のツーカーやIDOのメールアドレスはすでにezwebのアドレスに統合し、利用できなくなっているという。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加