iPhone8の発表説に12日説浮上!ストレージ容量64GB~説も

スポンサーリンク

iPhone8の発表説に12日説浮上!ストレージ容量64GB~説も

iPhone8の公式発表の日程が9月6か13日説に進展の12日説が急浮上しています。

情報元は9to5MacがMac4Ever経由で報じたものでした。

日本ではドコモが8月10日からiPhone 6s / 7シリーズを対象に割引の増額、拡充など在庫整理を行っている。ちなみに、Mac4EverはiPhone 6sの発表前にフランスの携帯電話事業者からのリークで予約日を正確に伝えた実績がある。

Appleは例年9月の2週目に開催するスペシャルイベントで新型のiPhoneを発表する。発表から1〜2日後の金・土曜日に予約を開始、約1週間前後で次期OSのアップデートを配信、翌週以降の金曜日に新型iPhoneを発売する。この傾向はMac4Everが伝えた噂にも当てはまる。

なお、例年どおりであれば8月の最終週にスペシャルイベントが告知される。8月29日〜31日にはAppleから何らかのアナウンスがあるかもしれない

ストレージは64・256・512GB説が最有力

昨年発表された「iPhone 7」ではストレージ容量の見直しが行われて16GB・64GBが廃止、32GB・256GBが追加されて32GB/128GB/256GBとなったが、数週間後の発表が噂される「iPhone 8」ではストレージ容量が大幅に増えるかもしれない。

噂によれば「iPhone 8」ではすべての容量が2倍にアップし、64GB/256GB/512GBとなるようだ。

9to5Macが「iPhone 8」のストレージ容量が64GB/256GB/512GBになるとの情報を伝えた。NANDフラッシュメモリの製造は64GBと256GBを東芝とサンディスクが、512GBをサムスンとHynixが手がける。Geekbarは過去にiPhone 6のストレージ容量を正しくリークした実績がある。64GBと256GBの存在は実績あるKGI証券のアナリストも報告していた。

Appleが今秋リリース予定の「iOS 11」では写真と動画に新しい圧縮規格を採用することでiOS 10に比べてサイズが最大で半分になる。今回の噂どおり「iPhone 8」のストレージ容量が大幅に増量すれば、より多くの写真、動画、アプリを保存できるようになる。iOS 11では「AR」にも対応する。当然アプリの容量も大きくなるためストレージ容量を増やす必要があるのかもしれない。

iPhoneのストレージ容量が増えれば、iCloudにアップロードする写真や動画、バックアップの容量が増えることも考えられるが、既にAppleは今年6月にiCloudの料金改定を行っている。現在は5GB・無料、50GB・130円、200GB・400円、2TB・1,300円で提供されている。もしかすると今秋に今年2回目となる改定も期待できるかもしれない。

例年どおりであればAppleは9月にスペシャルイベントを開催してその場で「iPhone 8」を発表するはず。昨年は8月30日にイベントの開催が明らかにされ、9月7日にイベントが開催された。1週間後にはAppleから何らかの発表があるかもしれない。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加