iPhone8 顔認証3Dシステム情報と製造本格化は9月3週から 当面品薄!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

量産本格化は9月の3週から

iPhone8にはTouch IDは搭載されず、iPhone8の量産は9月第3週に開始される、との予測が発表されました。ただ、9月末までの製造数は500万台未満と非常に少なく、発売直後は前例のないほどの品薄状態になると考えられます。

iPhone8にTouch IDは搭載されず、量産開始は9月第3週

Appleは、歩留まり率の低いTouch IDをiPhone8に搭載しない、とRosenblatt証券のアナリスト、ジュン・ジャン氏が、投資家向けメモで述べています。

iPhone8のTouch IDについては、以前からディスプレイに埋め込む上での技術的問題が指摘されており、Touch IDの搭載位置が本体背面になる、大型化したスリープボタンに埋め込まれる、といった予測が展開されていました。

7月末に公開されたHomepodのファームウェアからは、iPhone8の顔認証はApple Payに使われることを示唆するコードが見つかっています。また、iPhone8の顔認証速度は「数百万分の1秒」という高速になる、とも報じられています。

iPhone8の製造は10~12月期にようやく本格化

ジャン氏は「iPhone8の量産開始は、以前の予測より1週間早い9月第3週になる」として、9月末までに製造されるiPhone8は500万台未満、iPhone7s/7s Plusが1,500万台と予測しています。

同氏は、10~12月期の製造台数はiPhone8が3,000万~3,500万台、iPhone7s/7s Plusが3,500万台となり、iPhone8の製造は年明けの1~3月期に4,000万台と増加する一方、iPhone7s/7s Plusは2,500万~2,800万台に減るだろう、と見ています。

顔認証システムは数百万分の1秒でユーザーを識別

韓国メディアThe Korea Heraldの報道によると、iPhone8の3D顔認証(Face ID)は「数百万分の1秒で」ユーザーの顔を識別することができるとのことです。すでに同技術を採用しているGalaxy S8は「0.01秒未満でアンロックに至る」と言われており、次世代スマートフォンの顔認証はストレスフリーなものとなりそうです。

これまでにも、iPhone8の顔認証技術については様々な観測が登場しており、端末を水平に置いた状態や、赤外線を用いることで暗がりでも認証が行えるのではないか、と期待されています。

顔認証3DはQualcommがリリースできるのは早くても2019年

Apple関連情報の正確さで定評のあるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏は最新レポートにおいて、QualcommはAndroid端末向けに3D認識システムの開発に取り組んでいるものの、ソフトウェアのアルゴリズムの不備、ハードウェアの設計や温度上昇問題などにより、完成されたシステムをリリースするのは早くても2019年になる、と述べています。

一方iPhoneについては、近く発表が見込まれるiPhone8が、フロントカメラに3D認識システムを搭載すると見られています。

またXiaomiは2018年のフラッグシップモデルにQualcommの3D認識技術を搭載予定ですが、2019年前にリリースされる場合、1,000万台以上にはならないだろうとクオ氏は予測しています。

Qualcomm 、Appleサプライヤー回避か

またクオ氏によれば、iPhone向けには、TSMC、Touch IDセンサーの組み立てを行っているとされるXintec、CMOSイメージセンサーのVisEra、ウエハーレベルマイクロ光学のHeptagonなど、複数の部品サプライヤーが3Dセンサー関連部品を供給しています。

しかしQualcommは部品製造をHimaxのみに依存しており、Appleサプライヤーはあえて避けているようです。この1社依存体制も、3D認識システム開発の遅れの一因となっている模様です。

iPhone8の3Dカメラモジュール画像が流出!?

今回のKGIレポートとは別に、リーク情報で知られるSlashleaksが、iPhone8が搭載する3D認識カメラモジュールのものとされる画像を公開しています。

Touch IDは存続か引退か

すでにHomePodのファームウェア解析によって、顔認証機能が支払いに用いられたり、サードパーティアプリに解放されたりすることが分かっており、同技術がAppleのなかで、これまで広く使われてきた指紋認証(Touch ID)に比類する重要な技術と位置づけられていることは間違いありません。

しかし、Touch IDがiPhone8で消失するかどうかは依然として不明のままです。執筆段階では、ディスプレイ内への埋め込みに失敗したことでTouch IDはなくなるとの見方が一般的ですが、一方で一部のデベロッパーによって、Touch IDが電源ボタンへ移行する手がかりも発見されています。

初期出荷の少なさで有名アナリストの予測と一致

ジャン氏の予測は、Apple関連情報の正確さに定評のあるKGI証券のミンチー・クオ氏が、iPhone8の量産は9月中旬に始まるものの、9月末までの出荷台数は200~400万台程度にとどまると予測したのと一致します。

2015年のiPhone6s/6s Plusが、発売後わずか3日で1,300万台以上を売り上げたことを考えると、ティム・クック最高経営責任者(CEO)が「iPhone現行モデルの売上に影響が出ている」と語ったほどに注目を集めるiPhone8の9月末までの出荷台数が500万台未満というのは極端に少なく、発売当初は例年以上の品薄になるのは確実と考えられます。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加