Xperia XZ1 ベンチマーク スナドラ836 イヤホンに新情報

Xperia XZ1はスナドラ836、プラットフォーム”Tama”を搭載の可能性

8月31日にリリース発表されることがほぼ確実になっているソニーの次期フラッグシップモデル、Xperia XZ1。

ご存知のように、このXperia XZ1にはSnapdragon 835が搭載、というのが大勢の見方となっています。

しかし、今回この次期Xperiaに搭載されるチップがS835ではない可能性がでてきました。

AndroPlusがファームウェア配信サーバから得られるデータを確認したところ、この中に「Tama」(多摩川)というプラットフォーム名が確認されたとのことで、この日本の川の名称はハイエンドを指しているとのこと。。

そして、Xperia XZ Premiumに搭載のS835向けのプラットフォーム名は”Yoshino”であるため、“Tama”という別名はSnapdragon 836あるいはSnapdragon 845を指している可能性が高いとのことです。

これ、Tamaが新CPU向けのプラットフォームだとすると2つの可能性が考えられます。

まず、秋もしくは冬に発売のXperiaにSnapdragon 845が搭載されるはずことはありえないので、期近にリリースされる機種のものとすると、これは必然的にスナドラ836搭載のXperia XZ1のもの、ということになります。

一方、TamaがS845向けのプラットフォームならば、これはXperia XZ1ではなく来年以降のフラッグシップ、Xperia XZ1 PremiumあるいはXperia XZ2向けのものだと思われます。

ただ、来年の春以降にリリースされるモデルのプラットフォーム情報が現時点でリークされる可能性はかなり低いと思われ、やはりXperia XZ1にS836搭載説、の方が有力な気がしますね。

Xperia XZ1はイヤホンジャックを廃止との情報、バッテリー容量増加とベゼル狭額のため?

昨日、Snapdragon 836搭載の可能性が浮上した次期Xperia、Xperia XZ1。

この新型Xperiaフラッグシップについてちょっと気になる情報がでてきました。

Android Marvelが独自のソースから他情報として伝えたもので、これによると、Xperia XZ1ではバッテリー容量の増加およびベゼルの狭額化のため、3.5mmイヤフォンジャックが廃止される可能性が高いとのとのこと。

具体的なソースが示されているわけでもないので、現時点では信頼性の高い情報とは言えませんがこれは個人的には結構ビッグニュースではないかと思います。

XperiaのフラッグシップシリーズはXperia Z2あたりからバッテリー容量が少しずつ減るという傾向があり、これについてはユーザーからも不満の声が少なくありません。

また、他社のライバル機種に比べてかなり広めの上下ベゼルについても不評なので、これらの2点で改善が見られるというのは多くのユーザーにとってかなりプラス材料だと思われます。

ただ、イヤフォンジャックを犠牲にしてまで、となるとちょっと話は別。電車などで見ていると、まだ軽く5割以上は有線のイヤフォンを使用している印象で、これが使えなくなるというのは結構批判を浴びそうです。

一方、iPhone 6s/6s PlusやHTC U11など、すでにヘッドフォンジャックを廃止している機種が複数あることも事実。

また、先日のレンダリング画像ではGoogleの新型モデル、Pixel 2およびPixel 2 XLでもイヤフォンジャック廃止の可能性が指摘されています。

Xperia XZ1 Compactのベンチマークが発見か、Android 8.0+S835搭載

ソニーの次期コンパクト・ハイエンドモデル、Xperia XZ1 Compactのものと思われるベンチマーク・スコアがGeekbench上で発見された模様です。

Reddit上に投稿されていたもの。

G8441はソニーの公式サイト上のコード内で先日発見されており、その存在は確実。

また、G8XXXという型番はハイエンドを指すもので、1280×720というスクリーン解像度からこれがXperia XZ1 Compactであることはほぼ間違いないと言われています

このXZ1 Compactについては先日、Snapdragon 660搭載の可能性も指摘されていましたが、今回のベンチマークを見る限り、Snapdragon 835を搭載の模様。

ちなみに先日、Xperia XZ1 (G8341/SO-01K)のものとされるベンチスコアも発見されましたが、この際の搭載OSはAndroid 7.1.1でした。
また、この際のベンチマークは一部で型番がG8141(Xperia XZ Premium)になっているなど、かなりフェイク臭いものでした。

一方、今回のG8441は公式サイト上のコード内に記載通りAndroid 8.0を搭載しており、数値や記述自体に不自然な点は見当たりません。

ただ、やはり今回のものも元ソースであるGeekbench上で該当スコアがみつからないので、真正性については微妙。

よって、鵜呑みにはしないようにした方が良さそうです。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加