iPhone8 発売直前最新情報の特集 予約購入も

スポンサーリンク

iPhone8のカラーは黒、ジェットブラック、白の3色展開

iPhone8のカラーはブラック、ジェットブラック、ホワイトの3色に限定されるようだ、と米メディアForbesが報じています。
Forbesが入手した情報によれば、今秋発売見込みのiPhone8は、ベゼルが非常に薄いだけでなく、上部がディスプレイ側に少し出ている(つまりディスプレイの上部中央が少しカットアウトされている)という、これまでとは異なるデザインのため、カラー展開が限定されるとのことです。

ベゼル部分がディスプレイと合わせ「黒」になるため、背面パネルの色もそれに合うようにモノクロとなり、ブラック、ジェットブラック、ホワイト(シルバーの可能性も)の3色展開になるようだ、とForbesは伝えています。

つまり現在iPhone7/7 Plusにあるゴールド、ローズゴールド、(Product)レッドはなくなる可能性がある、という訳です。先日マーティン・ハジェク氏が公開したiPhone8の新作レンダリング画像も、背面パネルは黒と白のみとなっていました

5.15インチ、2,436×1,125解像度ディスプレイ搭載!

iPhone8に関するさらなる情報が見つかりました。ディスプレイサイズは5.15インチ、解像度は2,436×1,125ピクセルとのことです

iOSデベロッパーのスティーブン・ソーントン-スミス氏が、12月発売予定のスマートスピーカーHomePodのファームウェアから、今秋発売見込みのiPhone8に関する情報を発見したとツイートしています。

ソーントン-スミス氏がファームウェアから見つけた情報によれば、iPhone8のディスプレイサイズは5.15インチで、解像度は2,436×1,125ピクセルとなるようです。

現行のiPhone7 Plusが、5.5インチで1,920×1,080であることを考えると、解像度がかなり上がっていることがわかります。

KGI証券クオ氏の予測と一致
そして今回見つかった数値は、今年2月にKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が公開した予測と完全に一致しています。ただしクオ氏は、前面がフルディスプレイとなる有機EL(OLED)モデルには「ファンクションエリア」が設けられ、ディスプレイそのもののサイズは5.8インチになると予想していました。

ソーントン-スミス氏が発見した情報から推測できるのは、アプリは5.15インチのディスプレイエリアを使用するだろうということです。その場合、下の部分(いわゆるファンクションエリア)に何を表示するのか、それともホームボタンが埋め込まれるのかは不明です。

HomePodファームウェアにはさまざまなお宝情報が含まれており、公開以来新たな発見が相次いでいます。iPhone8関連では赤外線を使った顔認証技術が使用されることや、フロントディスプレイの中央上部がカットアウトされたデザインになることなどが判明しています。

iPhone8用OLEDディスプレイ、本格量産開始へ

OLED(有機EL)ディスプレイ用の最新鋭工場をフル稼働体制に移行するべくSamsung Displayが製造ラインの検査を終えた、と韓国メディアET Newsが報じています

iPhone8には5.8インチのOLEDディスプレイが搭載され、Samsung DisplayがOLEDを独占供給すると報じられています。

Samsung Displayは、iPhone8用OLEDの製造設備とベトナムに構築した工場を合計して、約86.9億ドル(約9,630億円)の設備投資を行った模様です。これは、従来約35.5億ドルから44.4億ドル(約3,920億円から4,900億円)だった同社の設備投資額が2倍以上に急増したことを意味します。
さらなる設備投資を検討中

年間のiPhone販売台数が約2億台であり、2018年第2四半期(4~6月)にLGもOLEDを供給するとしても、iPhoneシリーズ全体にOLEDを搭載するのは不可能と考えられます。

Samsung Displayは、OLEDの製造能力増強のため、液晶ディスプレイを作っていた工場をOLED用に移行するための追加の設備投資を検討中で、今年の第4四半期(10~12月)には稼働できる見込みです。

最近、リーク情報で有名な人物が、iPhone8が本格的な製造体制に入ったようだと述べています。

iPhone8はワイヤレス充電と急速充電対応?

iPhone8がワイヤレス充電と急速充電に対応することを示唆する記述が、先日公開されたHomePodのファームウェアから発見されました。

Appleが公開したHomePodのファームウェアの中に、インダクティブ方式のワイヤレス充電を指すと考えられる「ChargeInductive」のほか、急速充電を意味すると考えられる「ChargeHighVoltage」の記述がある、とハンドルネームSpaaze氏がスクリーンショットをRedditに投稿しています。

ただし、ワイヤレス充電に対応するのがiPhoneであることを示す記載がなく、Apple Watchのことを指すのではないか、といった指摘もされています。
多くの噂が飛び交うiPhone8のワイヤレス充電

iPhone8がワイヤレス充電に対応するとの噂は以前からあり、Appleはワイヤレス充電規格「Qi」を推進する業界団体に加盟したほか、最近はiPhone8用のQi規格準拠のワイヤレス充電用コイルとされる画像が流出しています。

なお、iPhone8の発売当初はワイヤレス充電を利用することはできず、iOS11.1へのバージョンアップに合わせて機能が公開され、ワイヤレス充電器も遅れて発売されるのではないか、とも予測されています。

iPhone8が新開発チップで急速充電対応?

iPhone8の急速充電対応については、Apple関連のリーク情報で知られるソニー・ディクソン氏が、新開発のチップを搭載して急速充電に対応すると発言して話題になりました。

6月末には、Barclaysのアナリスト、ブレイン・カーティス氏が、iPhone8には急速充電対応のアダプターが同梱されるのではないか、と予測を発表しています。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加