iPhone8に搭載予定A11のベンチマークスコアが流出

スポンサーリンク

今秋発売予定の3機種(iPhone7s、iPhone7s Plus、iPhone8)に搭載予定A11プロセッサのベンチマークスコアの情報が公開されました。
iPhone8に搭載されるA11プロセッサの情報を、リーク情報に詳しい @Universeice 氏がツイッターで公開しました。情報によるとA11プロセッサは、動作周波数が3.0GHzで、A10 FusionやA10 XFusion の2.3GHzから高速化しています。

また、A11は高性能と省電力の特徴を持つ2種のコアを組み合わせるA10 Fusionと同様の構成を指すと考えられます。
Beekbench4によるA11のベンチマークスコアも公開

@Universeice 氏はさらに、A11プロセッサのGeekbench4によるベンチマークテスト結果として、「4300,7000」と「4600,8500」の2組の数字を挙げ、最終的な結果はこの2つの数字の間になると予測しています。
現在までのiOSデバイスでは、最高スコアは新しいiPad ProのA10X Fusionプロセッサで、10.5インチと12.9インチがほぼ同スコアです。続いて、iPhone7/7 PlusのA10 Fusionプロセッサが続いています。

A11のシングルコアのスコアはA10X Fusionを上回りましたが、マルチコアの結果はA10X Fusionに及ばない、という結果となっています。


Androidスマートフォンのベンチマークスコアでは、シングルコア、マルチコアともにSamsungの最新鋭フラッグシップ、Galaxy S8とS8 PlusのExynos 8895がトップに立っています。

しかし、シングルコアで1966、マルチコアで6502というスコアは、今回リークされたA11のスコアと比較するとだいぶ見劣りする印象です。


遂に量産が開始されたA11プロセッサ

2017年発売予定の3機種(iPhone8、iPhone7s、iPhone7s Plusの3モデル)は、いずれもA11プロセッサを搭載すると考えられています。

今回のリーク情報で示された数値が正確なものかは不明ですが、A11プロセッサを搭載した新型iPhoneは非常に高性能になりそうです。

なお、A11プロセッサは10nmプロセスで製造され、独占供給する台湾のTSMCが最近、本格的に量産を開始したと報じられています。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加