Galaxy Note 8のレンダリング画像公開!更新公式画像あり!!

スポンサーリンク

Galaxy Note 8のレンダリング画像公開!

ハイクオリティな Galaxy Note 8 のレンダリング画像が Twitter の情報通 @OnLeaks によって公開されました。

今回の画像は過去のリーク情報を基に制作したイメージ図しか過ぎませんが、これまでに伝えられた外観に関する情報を上手く反映させています。

Galaxy Note 8 は今後発売される Galaxy C10 のように背面にデュアルカメラを搭載するほか、Galaxy S8 シリーズの狭額縁デザインを採用しており、外観は Galaxy Note 7 から一変していると言われています。

また、ディスプレイサイズは 6.3 インチと Galaxy S8+ から若干拡大し、筐体サイズは 162.4 x 74.5 x 8.4mm(カメラの突起部分を含めると 9.5mm)とされています。

最新レンタリング画像がこちら

基本的にはGalaxy S8/S8+のデザインとよく似ていますが、上下ベゼルについては前面の面積に占める割合が小さくなっているように見えます。

また、裏面はデュアルカメラを搭載している分、指紋センサーがさらに右側にズレています。

なお、公式、非公式を含めてすでに複数のレンダリング画像がリークしていますが、全方向からのものは今回が初めてだと思われます。

さらにスタイラスペンの画像もリークされました

Galaxy Note 8の公式スペック・画像が流出

8 月 23 日にニューヨークで発表される Galaxy Note の次期モデル「Galaxy Note 8」について公式スペックとされる情報と様々なレンダリングが蔵がネット上に出回っていました。

画像の中にはリーク情報を基に制作されたイメージ図も含みますが、いずれも Galaxy S8 のデザインをほぼそのまま採用していることが分かります。Galaxy S8 と比較するとコーナー部分のデザイン若干の違いは見られるものの、インフィニティディスプレイによる狭額縁な外観は踏襲しており、Galaxy Note 8 になるとよりディスプレイの割合が高くなっているようです。


スペックについては、6.3 インチ 2,960 x 1,440 ピクセルの AMOLED ディスプレイ、Exynos 8895 or Snapdragon 835 プロセッサ、6GB RAM、64GB ROM、背面に F1.7 の 1,200 万画素デュアルカメラ、3,300mAh バッテリーを搭載。

また、筐体サイズは 162.5mm x 74.6mm x 8.5mm で、カラバリは Midnight Black、Maple Gold、Deep Sea Blue の 3 色がまず発売されると言われています。

Galaxy Note 8の「ライブフォーカス」やProモードのチュートリアル動画

Samsung が Galaxy Note 8 に搭載されたデュアルカメラを活用した新機能「ライブフォーカス」の使い方や、Pro モードの小技を指南するチュートリアル動画を公開しました。

ライブフォーカスとは、背景と人物などの被写体を別々に撮影することによって、必要に応じてピントを調整できる機能です。他のデュアルカメラスマートフォンでも定番の機能打と言えます。

ライブフォーカスで撮影する方法は、アプリを起動して「Live Focus」ボタンをタップし、カメラを被写体に向けてボケの調整バーを使って効果の適用度合いを調整します。そして、シャッターボタンをタップして撮影を行います。

Pro モードは、一般的にはカメラのマニュアルモードのことで、過去の Galaxy スマートフォンにも搭載されています。Pro モードではホワイトバランス、フォーカス位置、シャッタースピード、ISO 感度を個別に設定して撮影できることから、より凝った写真撮影が可能です。

Samsung はチュートリアル動画で Pro モードの中でもシャッタースピードと ISO 感度を調節するだけで写真をより明るく撮影でき、また、ズームを利用するとプロっぽい感じで撮影できると助言しています。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加