手元の持ち物を写真に撮るだけでお金に変わるサービス「CASH」が登場!

スポンサーリンク

目の前のアイテムを写真に撮るだけでお金に変わるサービス「CASH」が登場!

インターネットビジネスの企画・運営などを行うバンクは、本日6月28日より目の前にあるアイテムを写真に撮るだけで現金を受け取れるサービス「CASH」を開始しました。

簡単に素早く現金化できる便利なサービスですが、注意が必要な点もあるようです。

目の前のアイテムが即現金化される

CASHは、専用のアプリを使って目の前にあるアイテムを写真に撮るだけで、すぐに現金を受け取れるサービスです。

現金化までの手順はとても簡単です。


次に、メニュー中央下部のキャッシュを選択し、現金化したい商品のブランド、カテゴリ、コンディションを入力します。

そして「アイテムの撮影へ」ボタンを押し、商品を撮影するだけですぐに査定結果が出ます。
査定結果を見て現金化したい場合は「キャッシュにする」、金額に納得がいかない場合は「今回はキャッシュにしない」を選択すれば現金化されません。

「キャッシュにする」をタップすると、表示された金額がすぐにアプリ内のウォレットに入金されます。出金は、「銀行口座への振込」とコンビニの専用端末を使って出金する「コンビニ出金」の2通りで、引き出し手数料は250円です。


現金を受け取った後は「2カ月以内に商品を発送する」必要がありますが、もし何らかの理由で商品を手放したくない場合は「返金する」ことで、商品の発送が不要になります。

ただし、返金した場合は一律15%の手数料がかかるので、注意が必要です。

Android版のアプリは後日配信

本稿執筆時点では、アプリ「CASH」はiOS版のみの配信で、Android版は後日配信予定となっています。

筆者も試しにアプリを使ってみましたが、驚くほど簡単に査定することができました。

しかし本サービスは、質屋に近い形態をとっているにも関わらず古物営業法をベースにしている、未成年でも使えてしまうなどの問題点も指摘されています。CASHは非常に便利なサービスですが、利用時には個々で注意する必要がありそうです。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加