Galaxy Note 8 発売日スペック価格など噂のまとめ

Galaxy Note 8 の予測スペックなどまとめ

製品名 Galaxy Note8の予測
OS Android 7.11
画面 6.3インチべゼルレスなデザイン”infinity display”

スーパーAMOLEDディスプレイ

解像度 4K
アスペクト比 18.5:9
CPU Exynos 9 (8895)or Snapdragon836
メモリ
容量
カメラ 1200万画素広角レンズ+1300万画素望遠レンズのデュアルカメラ3倍の光学ズーム

ビデオ撮影
前カメラ
防水防塵
ポート USB Type-C
ホームボタン 3D感圧タッチ
LTE
バッテリー
通信
ポート USB Type-C
急速充電
重さ 173g
カラー
サイズ
価格 未定

Note7の爆発問題から危惧されていたGalaxy Note 8の発売が

2017-2018年春までには実現できそうな状況になってきたようです

最新情報などどんどん更新して上記図面も変更していきます。

①Galaxy Note 8 10月発売確定!?9月発表 6.3インチ確定?!

期待を一身に背負って発売され失敗に終わった Galaxy Note 7 の後継モデル「Galaxy Note 8」が 10 月に発売されることが確定したと、韓国メディアのヘラルド経済が発信した。
同サイトは情報入手先や具体的な発表日・発売日は不明と濁しながらも、2017年9 月に Unpacked イベントが開催され、Galaxy Note 8 がそのイベントで盛大に発表されると伝えています。
いままでの Galaxy Note シリーズは 発売年の9 月の IFA イベントで発表されていましたので、Galaxy Note 8 は IFA 2017 イベントで発表されるのは自然な事と思われます。
現在までに明確にされている Galaxy Note 8 の詳細は名前だけです。Samsung モバイルのCEOは2017年1 月下旬に「より安全でより良く革新的な Galaxy Note 8」を発売すると話していました。
ネット上では Galaxy S8 に似た Galaxy Note 8 の実機風写真や6.4 インチディスプレイを搭載するといった情報や「Baikal」というコードネーム(その後否定されています)も流れていましたが、それらは全て噂であり、真実は全て発表後に明らかになるでしょう。

Galaxy Note 8は6.3インチディスプレイを採用か?

Galaxy Note シリーズの次期モデル「Galaxy Note 8」が 6.3 インチのディスプレイを採用するとの噂を韓国の WEB サイト News1 が伝えました。

同サイトはこの情報を Samsung の関係者から得たとしており、その情報元は、「デザインは Galaxy S8+ に似ている」と語ったそうです。

6.3 インチというディスプレイサイズは前モデルの Galaxy Note 7 の 5.7 インチから大幅に拡大していることになりますが、Galaxy S8+ は 6.2 インチのディスプレイサイズで Galaxy S7 edge とほぼ変わらない筐体サイズを実現しているので、Galaxy Note 8 の筐体サイズは Galaxy S8+ よりもわずかに大きい程度に抑えられていると考えられます。

Galaxy Note シリーズは Galaxy Note 7 を除きその年の IFA イベントで発表されていることから、Galaxy Note 8 は 9 月の IFA 2017 で発表されると予想されます

Source : ヘラルド経済

②Galaxy Note 8のパネルとされる画像がリークされる!S8と変化なし?

Samsungの次期フラッグシップモデルとされるGalaxy Note 8は、iPhone8登場に先んじてリリースが行われる、とみられています。すでに生産も本格的に始まっていると考えられ、パーツや設計図のリーク画像がこのところ頻繁に登場しています。

Galaxy S8から大きな変化はなし?

今回、中国SNSの微博にGalaxy Note 8のものとされるパネルを公開したのは、Apple製品のリーク情報でもお馴染みの@i冰宇宙です。

画像で見る限りでは、すでにInfinity Display(狭額縁設計のディスプレイ)を採用しているGalaxy S8とほぼ外観は変わらず、ニュースサイトSamMobileなどを始めとしてネットでは早速、「Galaxy S8を縦に引き伸ばしただけ」とする失望の声が上がっています


ただ、これまで出ていたリーク情報でも、新たにデュアルカメラ(1,200万画素+1,300万画素)こそ搭載されるものの、指紋認証センサーはディスプレイ埋め込みではなく、S8と同様、背面に位置することなどが指摘されており、耳目を集めるような観測は出てきていませんでした。

なお、Galaxy Note 8の正式なお披露目は、8月後半という指摘がある一方で、9月に開催予定である世界最大のコンシューマーエレクトロニクスショー「IFA」で行われるのではないか、ともみられています。いずれにしても、ライバルであるiPhone8よりも前のリリースとなる見込みです。

③Galaxy Note 8 噂通りデュアルカメラ搭載で登場!

サムスンの次期フラッグシップモデルであるGalaxy Note 8で、iPhone7 Plus(iPhone8でも同様)と同様にデュアルカメラが採用されるのではないか、という角度の高い情報を入手しました。
地元韓国のMK NEWSによると、独自の情報入手ルートでSamsungはGalaxy Note 8を2017年後半に出す用意があり、デュアルカメラを搭載する方向で動いているというリーク情報を入手したそうです。
また、サムスン関係者の「今年中に(搭載した)製品を出す予定だ」というコメントも紹介されています。

これまでサムスンは、Galaxy S7やS8に代表されるように、デュアルカメラの代わりとして「デュアルピクセル」と呼ばれる高性能イメージセンサーを端末に搭載していました。

しかし、既に同様のレポートを発表したミンチー・クオ氏によると、Galaxy Note 8に搭載予定のデュアルカメラは「iPhone7 Plusを大幅に上回る性能」とのことで、Samsungの技術力の集大成がそこに集中されたとのこと。

④GalaxyでもNote 8ではなくC?

ただし、Samsungの端末でデュアルカメラが最初に搭載されるのは、Galaxy Note 8ではなく、Galaxy C(仮称)と呼ばれる端末であるとのリーク情報も出ています。

⑤Galaxy Note 8の設計図がリーク 指紋認証センサーは背面へ?

Samsungの次期フラッグシップモデルとされるGalaxy Note 8について、設計図とされる画像が新たに公開されました。注目が集まっていた指紋認証センサーの位置は、ディスプレイ埋め込みではなく背面となっています。

ディスプレイ領域を追い求めるスマートフォン市場

次世代スマートフォンにおいては、動画コンテンツの高画質化などに伴って、ファブレット化を図るだけでなく、実際のディスプレイ領域を極限まで確保しようとする動きが出ています。Xiaomiのスマートフォン「Mi MIX」に続き、“Androidの父”プロデュースの「Essential Phone」、そしてSamsungの「Galaxy S8」は、こうした一連の系譜を汲んでいると言えるでしょう。

しかし、限られた面積のなかでディスプレイ領域を増やす=ディスプレイ占有率を高くするということは、物理ホームボタンや指紋認証センサーといった旧来の部品が占めていたスペースが失われていくことを意味します。

デュアルカメラの下に指紋認証センサー

Galaxy S8は、指紋認証センサーがメインカメラの横に位置しており、ディスプレイ埋込み型になるのではないか、という観測も出ていただけに、少なくない失望を買う結果となりましたが、新たに登場予定のGalaxy Note 8もまた、センサーは背面に維持されるようです。


流出した設計図とされる画像をみると、縦向きに並んだデュアルカメラの下に指紋認証センサーが搭載されている様子が確認できます。これは、先日にSamsungの関係者とされる人物が明かした「技術的問題からディスプレイ一体型の指紋認証センサー搭載を見送った」という観測とも一致します。
このほか画像では、3.5mmイヤホンジャックやスタイラスペン向けの穴やも確認できることから、Galaxy Note 8はGalaxy初となるデュアルカメラ以外には、さして目新しい変化がない可能性も高そうです。

一方で、Samsungが「セキュリティの課題から」諦めたディスプレイ下への指紋認証センサー埋め込みを、AppleはiPhone8で実現してくる、とも言われています。

⑥Galaxy Note8 開発コード判明!

世界的な情報筋のエヴァン・ブラス氏は14日(現地時間)、今夏中の登場が予測されている「Galaxy Note8」には、「Gr3at」という開発コードネームが与えられていることをリークしました。
ブラス氏によると、Galaxy Note8の開発コードネームは、広く伝えられている「Great」ではなく、実際には “Gr3at” であるとのこと。

数字の「3」を反転させるとアルファベットの「E」と読ませることもできますが、残念ながら今回、韓国サムスンがあえて数字の3を採用した意図については、一切言及されませんでした。

非常にシンプルな推測としては、何か “3つの大きな進化” がもたらされる可能性に思い至ります。

これまでの情報を顧みるに「デュアルカメラの搭載」、「Infinity Displayの採用」、「ディスプレイ一体型指紋認証センサーの実装」あたりが有力候補でしょうか。

しかしながら、3つ目の要素については先日、Galaxy Note8への採用が見送られたとも報じられており、そもそも前述の推測自体が正しいかどうかすらも、現時点では分かりません。続報に要注目です。

「Galaxy Note8」、最大3倍の光学ズーム機能を搭載か


ITアナリストミンチー・クオ氏から「Galaxy Note8」には、光学3倍ズーム機能が搭載される見通しと伝えられました。

ミンチー・クオ氏によると、最大3倍の光学ズームを実現するGalaxy Note8のデュアルカメラは、1300万画素の広角カメラと1200万画素の望遠カメラから構成され、それぞれに光学手振れ補正機構(OIS)が搭載される見通しとのこと。

また、今回、デジタルズーム機能と組み合わせた場合に最大何倍までのズームが可能になるかは明らかにされませんでした。

また、ここで言うところの光学ズームとは、おそらく無段階ズーム「iPhone 7 Plus」や「LG G6」などと同様に、広角レンズと望遠レンズ間で切り替えるステップズームに近い仕組みになると推察されます。

Galaxy Note 8の公式スペック・画像が流出

8 月 23 日にニューヨークで発表される Galaxy Note の次期モデル「Galaxy Note 8」について公式スペックとされる情報と様々なレンダリングが蔵がネット上に出回っていました。

画像の中にはリーク情報を基に制作されたイメージ図も含みますが、いずれも Galaxy S8 のデザインをほぼそのまま採用していることが分かります。Galaxy S8 と比較するとコーナー部分のデザイン若干の違いは見られるものの、インフィニティディスプレイによる狭額縁な外観は踏襲しており、Galaxy Note 8 になるとよりディスプレイの割合が高くなっているようです。


スペックについては、6.3 インチ 2,960 x 1,440 ピクセルの AMOLED ディスプレイ、Exynos 8895 or Snapdragon 835 プロセッサ、6GB RAM、64GB ROM、背面に F1.7 の 1,200 万画素デュアルカメラ、3,300mAh バッテリーを搭載。

また、筐体サイズは 162.5mm x 74.6mm x 8.5mm で、カラバリは Midnight Black、Maple Gold、Deep Sea Blue の 3 色がまず発売されると言われています。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加