iOS 11で遂に、iPhoneでQRコード読取標準化

スポンサーリンク

Appleが6月5日(米国時間)に開発者会議「WWDC 2017」で、iOSデバイス向けの新しいOS「iOS 11」を発表した。一般ユーザーには2017年秋にリリースされる。


ガラケーのカメラでは当たり前に利用できたQRコードの読み取り機能だが、iPhone/iPadのカメラでは利用できない.
そんな待望のQRコード読み取り機能が今秋公開予定の「iOS 11」の標準カメラに追加される。

iOS 11でいまさらQRコードに対応する理由とは

Appleが先日開催したイベント「WWDC17」でQRコードがサポートされることが発表された。スライドに中国の国旗があったので特定の地域向けの機能かと思ってすっとばしていたが、そうではなく中国人の関心を惹く新機能として「iOS 11」に搭載されるようだ

QRコードの読み取り機能は「iOS 11」の標準カメラを起動してQRコードを写すだけで自動認識される。認識された情報は通知として表示されて読み取ったデータがURLの場合、通知をタップするとSafariでリンク先のウェブサイトが表示されるようだ。もちろんロック画面からカメラを起動できるため、ホーム画面でChromeを探す必要もなく、スグにQRコードを読み取ることができる。

しかし、「iOS 11」に搭載されるQRコードの読み取りはこれだけでない。Appleは開発者に提供する「Siri Kit」でもQRコードをサポートすると案内した。もちろん、Siriに「Hey Siri.QRコードを読み取って」とお願いしてカメラを起動してもらうものではない。

中国ではQRコードを使って決済するシステムが普及しているが、Siriに「Hey, Siri.○○のQRコードを表示して」(正確ではないかもしれない)とお願いすれば決済用のQRコードをすぐに表示してくれるようだ。

中国で普及している決済方法に対応するためにQRコード周りの強化するようだが、LINEの交換など日本でもQRコードは広く普及していて利用する機会もたまにある。アプリがQRコードに対応してくれるのはありがたいが、OSレベルでサポートすることでロック画面から素早くカメラを起動してQRコードが起動できるなど、やはり標準カメラで利用できるほうが何倍も便利だ。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加