2017年秋冬 Xperia XZ1とXperia XZ1 Compact発売か!?最低2モデルの次期Xperiaリリースを確認 2018

2017年秋冬 Xperia XZ1とXperia XZ1 Compact発売か!?最低2モデルのXperiaフラッグシップのリリースを確認 2018

Xperiaと言えば、先日発売したばかりのXperia XZ Premium SO-04Jが話題の中心ですが、早くも次期Xperiaについて新情報がでてきました。

Xperia XZ1

  • 5.2インチ フルHD(1920×1080)ディスプレイ
  • Snapdragon 835
  • 4GB RAM
  • 3000mAhバッテリー
  • “Full Pixel コンティニュアスAF”

Xperia XZ1 Compact

  • 4.6インチ HD(1280×720)ディスプレイ
  • Snapdragon 835  ➡660の可能性拡大 NEW 7.26
  • 4GB RAM
  • 2800mAhバッテリー
  • “Full Pixel コンティニュアスAF”

Xperia X1

  • 5.0インチ フルHD(1920×1080)ディスプレイ
  • Snapdragon 660
  • 4GB RAM
  • 2800mAhバッテリー
  • “Full Pixel コンティニュアスAF”

SONYが開催した投資家向けプレゼンの中で明らかにされたもので、2つの要点を紹介してくれました。

要点1として、Xperiaシリーズのプレミアム・スタンダード・ライン、つまりXperia Xシリーズは廃止になるという点。

よって、Xperia XやX Compactの後続機、Xperia X1やX1 Compactは展開されないことが公式に確認されたことになります。

Xperia Xは昨年の今頃にはとっくにリリース済みで後継機の存在がないのが気になっていましたが、なるほど、そういうことだったのですね。

そしてさらに要点2点目として重要なのはソニーモバイルは2017年中に最低でもあと2モデルのフラッグシップモデルをリリースするとのこと。

もちろん具体的な機種名などは明らかにされていません。

ただ、順当に考えてこれらの機種のうち1モデルはXperia XZ1、そしてX1 Compactが存在しないことが確定したので、もう一モデルはXperia XZ1 Compactという可能性が極めて高いと思われます。

先日、9月のIFAで発表されるとされるXperia XZ1およびXperia XZ1 Compactの一部スペックがリークされた件についてお伝えしました、この情報の信憑性がかなり高まったと言えそうです。

次期プレミアムXperia、Xperia XZ1 Premiumは最大輝度1200ニットのSTE OLED 4Kスクリーンを搭載

次期プレミアムXperia、つまりXperia XZ1 Premiumについての興味深い新情報がでてきました。

REVIEW.GEが伝えたもので、これによると次期プレミアムXperiaのディスプレイは:

・5.46インチ、STE OLEDスクリーン、RGBピクセル

・807 ppi

・12 bit 4,096 billion colors perception (BT.1886 / ST.2084)

・RGB Pixel Blue technology

・最大輝度1200ニット

・Correction sensor E 0 ~ 0.005 (Rec.2020)

・96% Rec.2020 / 100% DCI-P3, Rec.709

良くわからない部分もありますが、ディスプレイのサイズやppiはXperia XZ Premiumと全く同じ。

ただ、最大輝度が1200ニットというのはスゴいですね(XZPの最大輝度は700ニット)

REVIEW.GEのリーク情報は過去のケースから言うと正確なものと不正確なものが混載しており、今回の情報についての信憑性の判断についてもそれぞれにおまかせします。

ちなみにSTEとはソニーの独自技術、SUPER TOP EMISSION(スーパートップエミッション)の略で光の利用効率を大幅に高め低消費電力かつ長寿命を実現することが可能になる技術。

なお、「次期プレミアムXperia」と書いてあるだけで具体的な機種名は挙げられていませんが、XZシリーズが廃版にでもならない限り次期プレミアムXperiaはXperia XZ1 Premiumでほぼ間違いないと思います。

Xperia XZ Premiumの後継機については以前より噂は色々とあり、デザイン面では従来のXperiaシリーズから一新されるという情報も挙がっています。

Xperiaのフラッグシップ・シリーズが来年ごろから有機ELディスプレイになることは以前から報じられており、これ自体はほぼ確実な情報と言ってよいと思います。

ただ、今年と同じパターンならばこの次期プレミアムXperiaは来年2月のMWC 2018で發表という流れになり、来年でもかなら早い段階でOLEDに移行するということになります。

Xperia XZ1の存在が「公式」確定、Android 8.0搭載でリリース、G8341/G8342が公式サイトのコード内で発見

新型エクスペリアと言えば発売を数日後に控えたドコモのXperia XZ Premium SO-04Jが注目の的となっていますが、この秋にリリースされると思われる次期Xperiaフラグシップ機について初めて「公式」な情報がでてきました。

ソニーモバイル公式ページ内のユーザーエージェントプロファイルページから見つかったもの。

201706132227201706132229

201706132230

201706132231

G8341およびG8342という型番の当然今までには存在しないもの。

Xperia XZ PremiumがそれぞれシングルSIM版とデュアルSIM版でG8131とG8132、Xperia XZsがG8231とG8232という型番になっています。

よって、このG8341およびG8342はこれらより新しいモデル、かつ”8″で始まるという点からハイスペックモデルであることは間違いありません。
(ミッドレンジ以下の機種やコンパクトモデルなどは”3″、”5″、”6″のいずれかで始まります)

型番だけとはいえ、Xperia XZ PremiumあるいはXperia XZ/XZsの後継機モデルの情報が一応「公式」な形ででてくるのは今回が初めて。

このタイミングでおそらく秋冬モデルとなるXperiaの具体的な情報がでてくるとは、XZPの購入を考えている方にとってはもどかしい部分もありますね。

Xperia XZ1のほぼ正確とされる画像がリーク、CPUはSnapdragon 836搭載か

ソニーが9月のIFAでリリース発表をすることが確実視されているXperia XZ1。

この次期フラッグシップモデルのレンダリング画像が掲載されていました。

これはほぼ間違いなく非公式なレンダリング画像ですが、REVIEW.GEが入手しているスペック情報を元に作成されたものとのこと。

また、このレンダリング画像も幾分狭くなった上下ベゼルが反映されており、再度ベゼルも若干細くなっているように見えます。

また、ソースサイト(REVIEW.GE)によると、このXperia XZ1にはSnapdragon 835ではなくSnapdragon 836が搭載されるとのこと。

S820/S821のように、S835のアップグレード版が今年後半に登場する可能性については以前より何度か情報がでてきていますが、どうなんでしょうね・・・

このREVIEW.GEというサイトの過去の情報は正確なものと不正確なものが混在しているので鵜呑みにはしない方が良いと思います。

ただ、ESATOで過去に正確なリーク実績のあるAIDA氏がこのレンダリング画像について「90%正確なもの」としているのは非常に気になります。

となると10%の不正確な部分はどこでしょう。 サイドベゼルの細さ、でしょうか。

今秋リリースの次期Xperiaは6インチ、18:9のベゼルレス。Xperia XZ1か?それともXZ1 Ulraか??

201706301314

先日、ソニーが8月31日にXperia XZ1とハイエンドをもう1モデル発表、との件についてお伝えしましたが、これに関連した新型Xperiaについて興味深い情報がでてきました。

phoneArenaが中国のソーシャルメディアweibo上の投稿を伝えたものです。

これによるとIFAで発表の次期XperiaにはJapan Display Inc製のディスプレイを搭載

このスクリーンは6.0インチLCDでアスペクト比は18:9、ベゼルレスになるとのことです。

これはおそらくJDIが数週間前に発表した18:9のベゼルレス新型ディスプレイを指していると思われます。

以前、Xperia XZ1についは端末サイズはXZ/XZsと同じながら上下ベゼルが狭くなるため、ディスプレイサイズは5.4インチになるという噂もありました。

一方、現在のXZ/XZsの同じくらいサイズであっても上下左右のベゼルを完全に削れば6インチくらいのスクリーンサイズは確保できるのかな、という気もします。

また、上下ベゼルがなくなれば、端末のサイズは変更しなくとも自然とアスペク比率も18:9くらいになるのではないでしょうか。

それが、この6インチモデルはもう一つのフラッグシップとなるXZ1 Ulraがベゼルレスになるリーク情報が有力です。

Xperia XZ1 Compactのスペックが判明、CPUはS835、リアカメラはまさかの8MP

その存在が確認されたソニーのもう一つのフラッグシップモデル、Xperia XZ1 CompactことG8441。

価格やカラバリまで判明し、結構リリースが早いのでは?という感じもしますが、今度はこのXZ1 Compactについてより具体的なスペック情報がでてきました。

ベンチマーク測定のAntutu上で発見されたもの。

ここから分かるスペックとしてはAndroid 8.0、Snapdragon 835、スクリーン解像度は720×1280(HD)、リアカメラもフロントカメラも8MP、メモリは4GB RAMでストレージ容量は32GB。

メインカメラのピクセルが8MPとかなり小さいのはかなり驚き
以前より、XZ1のカメラはXZ Premiumから若干のセンサーの向上はあるものの、基本的には同型のものが搭載されると聞いていました。

ひょっとするとXZ1とXZ1 Compactでは異なるセンサーを搭載、なんてこともあるのでしょうか。

ただ、カメラの画素数は大きければ良いというものでもありません。

また、この8MPは計測ミス?あるいはプロトタイプのもので、最終的なXZ1 Compactのスペックを反映していない可能性もあります。

ただ、一応、Antutuの公式サイトがソースなので少なくともフェイクということはなさそう。

ということは近いうちにXperia XZ1 (G8341/G8342)についても情報がでてきそうですね。

ソニーモバイルの最近の特許・商標

出願番号】商願2017-75955

【出願日】平成29年6月7日

【商品および役務の区分並びに指定商品または指定役務】

第9類 電子通信機械器具、腕時計型携帯情報端末、スマートフォン、タブレットコンピュータ、人工知能プログラムを搭載したロボット型電子応用器具など(以下略)

第28類 スマートフォン機能を搭載したロボットおもちゃ、ほか(以下略)

第42類 人工知能に関する研究・開発

【出願番号】商願2017-76422

【出願日】平成29年6月8日

【商品および役務の区分並びに指定商品または指定役務】

第9類 電子通信機械器具、腕時計型携帯情報端末、スマートフォン、スマートフォン用アプリケーションソフトウェア(以下略)

以上の商法登録が確認されいますがどう活用されるかまでは

未だ解明されていません。情報があり次第報告いたします。

次期Xperia XZ1 CompactはSnapdragon 660搭載の可能性拡大

ソニーが8月末のIFAで発表する可能性が高い新型Xperia。

現時点では、Xperia XZ1およびXperia XZ1 Compact、そしてまだ機種名が全く不明なミッドレンジモデルの3機種発売される可能性が高いです。

そしてこの3モデルについて新たなリーク情報が出てきました。

Xperia XZ1についてはSnapdragon 835搭載となることが確実なものの、Xperia XZ1 Compactについてはスナドラ835ではなく、Snapdragon 660が搭載される可能性があるとのこと。

また、まだ機種名が不明のXperiaあるいはXZ1CのどちらかがS660と搭載することは確かだそうです。

つまり、この次期Xperia3モデルの可能性としては:
Xperia XZ1 Compactについては先日、同機種に該当すると思われる型番、G8441が公式に確認されており、この型番からすると同機種がフラッグシップモデルであることはほぼ確実。

ただ、確かにG8441にS835搭載という情報はまだどこにもなく、フラッグシップ=最新・最高性能のチップを搭載、とは限らないので、あり得ない話ではないように思えます。

さらに18年登場のSnapdragon 845についての情報も入ってきました。

クアルコムのエンジニアのSNS投稿に、2018年登場のSnapdragon845のヒントとなるようなことが書いてあったとのこと その画像がこちら


•Snapdragon 845はクアルコムX20モデムを搭載
•このモデムはLTE Cat. 18に対応、最大通信速度は下り1.2 Gbps、上り150Mbpsにも達する (理論値)

Xperia XZ1 のベンチマークスコアが公開 ―国内でも発売か

Playfuldroidは27日(現地時間)、ソニーの次世代フラッグシップスマートフォンと見られる端末のデータが、新たにGeekbenchベンチマークのデータベース上に公開されたことを伝えています。

新たに発見されたデータは、ソニー製の「G8341」または「SO-01K」という型番の端末のものとなりますが、前者については、次世代フラッグシップモデル「Xperia XZ1」の型番として過去に情報がリークされています

一方、SO-01Kという型番については今回が初出と思われますが、この型番を見る限り、どうやらこの「Snapdragon 835」と4GBのRAMを搭載する謎の端末は、NTTドコモからの発売も予定されている模様。

なお、Xperia XZ1は、姉妹機となるコンパクトモデル「Xperia XZ1 Compact」とともに、IFA 2017にて発表される見通しです。

Xperia XZ1はスナドラ836、プラットフォーム”Tama”を搭載の可能性

8月31日にリリース発表されることがほぼ確実になっているソニーの次期フラッグシップモデル、Xperia XZ1。

ご存知のように、このXperia XZ1にはSnapdragon 835が搭載、というのが大勢の見方となっています。

しかし、今回この次期Xperiaに搭載されるチップがS835ではない可能性がでてきました。

AndroPlusがファームウェア配信サーバから得られるデータを確認したところ、この中に「Tama」(多摩川)というプラットフォーム名が確認されたとのことで、この日本の川の名称はハイエンドを指しているとのこと。。

そして、Xperia XZ Premiumに搭載のS835向けのプラットフォーム名は”Yoshino”であるため、“Tama”という別名はSnapdragon 836あるいはSnapdragon 845を指している可能性が高いとのことです。

これ、Tamaが新CPU向けのプラットフォームだとすると2つの可能性が考えられます。

まず、秋もしくは冬に発売のXperiaにSnapdragon 845が搭載されるはずことはありえないので、期近にリリースされる機種のものとすると、これは必然的にスナドラ836搭載のXperia XZ1のもの、ということになります。

一方、TamaがS845向けのプラットフォームならば、これはXperia XZ1ではなく来年以降のフラッグシップ、Xperia XZ1 PremiumあるいはXperia XZ2向けのものだと思われます。

ただ、来年の春以降にリリースされるモデルのプラットフォーム情報が現時点でリークされる可能性はかなり低いと思われ、やはりXperia XZ1にS836搭載説、の方が有力な気がしますね。

Xperia XZ1はイヤホンジャックを廃止との情報、バッテリー容量増加とベゼル狭額のため?

昨日、Snapdragon 836搭載の可能性が浮上した次期Xperia、Xperia XZ1。

この新型Xperiaフラッグシップについてちょっと気になる情報がでてきました。

Android Marvelが独自のソースから他情報として伝えたもので、これによると、Xperia XZ1ではバッテリー容量の増加およびベゼルの狭額化のため、3.5mmイヤフォンジャックが廃止される可能性が高いとのとのこと。

具体的なソースが示されているわけでもないので、現時点では信頼性の高い情報とは言えませんがこれは個人的には結構ビッグニュースではないかと思います。

XperiaのフラッグシップシリーズはXperia Z2あたりからバッテリー容量が少しずつ減るという傾向があり、これについてはユーザーからも不満の声が少なくありません。

また、他社のライバル機種に比べてかなり広めの上下ベゼルについても不評なので、これらの2点で改善が見られるというのは多くのユーザーにとってかなりプラス材料だと思われます。

ただ、イヤフォンジャックを犠牲にしてまで、となるとちょっと話は別。電車などで見ていると、まだ軽く5割以上は有線のイヤフォンを使用している印象で、これが使えなくなるというのは結構批判を浴びそうです。

一方、iPhone 6s/6s PlusやHTC U11など、すでにヘッドフォンジャックを廃止している機種が複数あることも事実。

また、先日のレンダリング画像ではGoogleの新型モデル、Pixel 2およびPixel 2 XLでもイヤフォンジャック廃止の可能性が指摘されています。

Xperia XZ1 Compactのベンチマークが発見か、Android 8.0+S835搭載

ソニーの次期コンパクト・ハイエンドモデル、Xperia XZ1 Compactのものと思われるベンチマーク・スコアがGeekbench上で発見された模様です。

Reddit上に投稿されていたもの。

G8441はソニーの公式サイト上のコード内で先日発見されており、その存在は確実。

また、G8XXXという型番はハイエンドを指すもので、1280×720というスクリーン解像度からこれがXperia XZ1 Compactであることはほぼ間違いないと言われています

このXZ1 Compactについては先日、Snapdragon 660搭載の可能性も指摘されていましたが、今回のベンチマークを見る限り、Snapdragon 835を搭載の模様。

ちなみに先日、Xperia XZ1 (G8341/SO-01K)のものとされるベンチスコアも発見されましたが、この際の搭載OSはAndroid 7.1.1でした。
また、この際のベンチマークは一部で型番がG8141(Xperia XZ Premium)になっているなど、かなりフェイク臭いものでした。

一方、今回のG8441は公式サイト上のコード内に記載通りAndroid 8.0を搭載しており、数値や記述自体に不自然な点は見当たりません。

ただ、やはり今回のものも元ソースであるGeekbench上で該当スコアがみつからないので、真正性については微妙。

よって、鵜呑みにはしないようにした方が良さそうです。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加