​iPhone8 A11チップに問題?遅延の恐れもある?!

iPhone8 A11チップに問題?遅延の恐れもある?!

以前からディスプレイ問題やホームボタン問題で遅延の情報の絶えないにiPhone8がまた、搭載予定のチップ「A11」テスト生産がうまく行かず、さらに計画が遅れる可能性が浮上しています。
金融コンサルのウォーレンキャピタルの調査によると、テスト生産の結果が目標に達しなかったため、A11の生産が遅れる可能性があると台湾のサプライヤーから情報入手したそうです。
  またそのサプライヤーの話では、ひとまず5月第4週にA11のテスト生産を再度実施し、6月第2週に結果が判明するとのことです。以前の報道では、TSMCは6月10日(6月第2週の最終日)より量産を開始する予定だと言われていましたので、かなりの遅れが現段階でも生じております。
なお5月中旬には、サプライヤー事情に詳しいニュースサイトDigiTimesが、独占的にチップの生産を請け負うTSMCが生産を開始した、と報道していましたがこの時点でも遅延は噂に上ってました。
今回懸念されているチップのほかにも、これまでにOLEDディスプレイや、3Dセンサー、Touch IDセンサーなどの問題が取りざたされてきましたので少し冷静な観点で今回の情報にも向き合い、次の情報を待ちたいと思いました。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加