アナリストが予測 iPhone8は大ヒット!?92%がアップグレードに前向き

投資アナリストMorgan Stanleyが発表した内容によると、1年以内にiPhoneを買い替える予定かという質問に対し、92%が新しい端末に乗り換えるつもりと回答したことが分かりました。

今回のAppleの数字は、ライバルであるSamsungの77%、Motorolaの56%、Nokiaの42%、LGの59%、と比べても著しく高いスコアである上、昨年にAppleが記録した86%をも6ポイント上回っています。

このことからMorgan Stanleyは、今年登場するiPhone8が「スーパーサイクル」とでも呼べるようなアップグレードサイクルを作り上げるだろうとみて、株価のターゲットを従来の161ドル(約17,870円)から177ドル(約19,650円)へと上方修正しています。
2017年秋に登場が予定されているiPhone8は、今ではすっかりおなじみとなったiPhone6から続くデザインと、大きく異なるものになるとされています。それだけにiPhoneユーザーも、発売前からiPhone8には大きく期待しているようです。

iPhone8は同時登場の2モデルと異なる?

次世代iPhoneは3種類登場すると言われています。

このうち、2モデルは「iPhone7s」「iPhone7s Plus」とでも言うような、iPhone7からのマイナーアップグレードにとどまる見込みですが、
残る1モデルはホームボタンはディスプレイ内に埋め込み、AR/VRヘッドセットを見越してデュアルカメラが縦に搭載されるやガラスで筐体を挟み込むようなデザインで、3Dフロントカメラシステムや有機EL(OLED)ディスプレイを採用など、多くの点でこれまでのiPhoneとは異なっています。
それだけに、12万円前後になるとも予測される高価格が気になりますが、92%のiPhoneユーザーがアップグレードに前向きな姿勢を示していることを思えば、売上そのものが大幅に落ち込むことはなさそうです。

一体iPhone8がどのような新記録を打ち立ててくれるのか、楽しみは尽きませんが、その一方で購入希望者が殺到することで、著しい品薄になる状況も予想されています。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加