Xperia Z6のスぺック予想情報。スナドラ820、2Kディスプレイ? !

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Xperia Z6は、こんな感じかな~?

「Xperia SONY」というサイトが、Xperia Z6とZ6 Compact(コンパクト)についてのスペック予想情報を流していました。

「Xperia SONY」による、Xperia Z6/Z6Compactの予想スペック

OS:Android 6.0 Marshmallow

ディスプレイ:5.2もしくは5.3インチ(Z6)/4.8インチ(Z6 Compact)、 ゴリラガラス 4(両モデル共に)

ディスプレイ解像度:Z6・・・2K WQHD(2560×1440)、Z6Compact・・・フルHD(1920×1080)

CPU:Snapdragon 820 (2.5-3.0Ghz)

メモリ:4Gバイト

背面カメラ:2500万画素

前面カメラ:800万画素

ポート端末:USB Type-C

その他:クイックチャージ 3.0搭載で30分で80%の充電が可能

(Z5シリーズは30分で60%充電のクイックチャージ2.0を搭載)

バッテリー容量:3200 mAh

価格:700ドル~800ドル(約8万4000円~9万6000円)

発表時期:2016年3月のMWC (モバイルワールドコングレス;世界最大級の携帯電話関連展示会)にて

注意点としてリーク情報ではなく予想情報なので、当然のことながらあんまり情報に信頼性はありません。全体的に願望の羅列というか、CPU情報以外は根拠なく書き殴った感じでさほど信憑性は無さそうですが、どうなるかわかりませんし、とにかく新しいリーク情報に期待したいですね。

Snapdragon (スナドラ)820がベンチマークに登場。スコアは驚愕の8万超え

Qualcommの次期フラグシップCPUチップとなる「Snapdragon 820」。

この最新チップのベンチマークスコアが発見されました。

201509030427

「Green Orange X1 Pro」という謎のモデルですが、なんと84000近くのスコアをたたき出しています。

スナドラ820搭載の第一号機種は今のところ、「Xiaomi Mi 5」と言われていますが、このCPUが来年発売されると思われるXperia Z6や他の複数のハイエンド機種に搭載されることは確実です。

現在最速と言われている「Galaxy S6」や「Galaxy S6 edgeでさえ7万以下なので、かなりスゴい潜在的な処理性能を持っていることは確かなようです。

が、問題は製品化された端末で実際に同様のパフォーマンスが発揮できるか?という点。

S810もリリース前の前評判ではかなりの高性能でしたが、実装したスマホが登場するやいなや、発熱問題が勃発。

そのためか、Xperia Z4などを筆頭にクロックダウンがされたとみられる機種も複数存在し、理論上の性能を出し切れていない、という問題があります。

Snapdragon 820ではこういった問題が解消されることが期待はされていますが、一部ではスナドラ820も発熱問題を抱えているという噂もあります。

そういった意味で、今回のスコアは「参考値」程度のものとして、過度な期待は持たな方がいいかもしれません。

関連記事

1 Xperia Z6発売日を予想!!
2 その他の噂 Xperia Z6 発売日 スペックなど 巷の噂の数々を集めてみました

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加