au 2017年 春 夏 秋 冬 モデルのまとめ スマホ 携帯 iPhone アンドロイド 発売

auの夏 秋モデルも発表が近づき期待が膨らんできました
ここで発売が期待されるモデルの詳細をまとめてみます。

またauが5月30日(火)10:00から「au 発表会 2017 Summer」を開催することを公式に発表した。

メーカー 型式 発売可能性
Xperia XZs
SOV35
99% ⇒発売
Xperia XZ Premium
SOV36
10% 未発売
Galaxy S8
SCV35
99%⇒発売
Galaxy S8 Plus SCV36 99%⇒発売
HTC U 11
HTV33  99%
HTC U HTV34  99%
AQUOS R(ZETA ) SHV39  50%
AQUOS U SHV40  50%

auスマホの予約はこちらから

au XperiaシリーズXperia XZs のみ5.26より発売

・Xperia XZs SOV35
・Xperia XZ Premium SOV36 ??? ⇒残念ながら未発売へ
過去のパターン、そして発表直後にauのロゴ入りXZsがリークされた件からしてもXZsのau版リリースはほぼ確定だと思われます。
一方、au版XZ Premiumはこちらのリーク情報によるとドコモ版からいくぶんか遅れてリリースされるとのこと。
ただ、具体的なソースが示されているわけではないので現状での信憑性は低そうです。

世界初のスローモーションと瞬間を逃さないカメラシステムを搭載する「Xperia XZs」

ソフトバンクが既に2017年夏モデルとして発表した「Xperia XZs」がauから登場するのは間違いないだろう。Xperia XZsの最大の特徴はMotion Eyeカメラシステムで、iPhone 7に比べて4倍の高いフレームレートでスローモーション撮影ができる世界初のスーパースローモーションカメラを搭載するほか、被写体の動きを検知して最大4枚の写真を撮影することで決定的なタイミングを記録できる機能も搭載する。スポーツの季節となる夏に活躍するのは間違いない。

KDDIのプレスリリースによると、同社は2017年5月26日から「Xperia XZs」を発売するそうです。

「Xperia XZs」は約5.2インチフルHD液晶、Snapdragon 820、4GB RAM/32GB ROM、2900mAhバッテリー、1920万画素背面・1320万画素前面カメラ搭載のAndroid 7.1スマホ。スマホでは世界初となるメモリー積層型CMOSイメージセンサーによって、最大960fpsの撮影が可能な「スーパースローモーション」機能や、シャッターを切る直前の画像も記録できる「先読み撮影」を実現。

5月26日から6月30日までに、「Xperia XZs」「Xperia XZ」を購入したユーザーに対しては、定額制音楽配信サービス「うたパス (月額324円)」を1年間利用できる年間パスポートが提供されます。

 早くも予約が開始されています!

au Galaxyシリーズ 両機種とも6月8日から発売

・Galaxy S8 SCV35
・Galaxy S8 Plus SCV36

いずれもBluetooh SIGを通過しており、発売はほぼ確実⇒発売決定

「Galaxy S8 SCV36」の価格は、9万720円(税込、以下同)。毎月割により、総額4万1040円が月々の料金から割引される(1710円×24回)。実質負担額は4万9680円となる。 「Galaxy S8+ SCV35」の価格は、9万9360円。毎月割による割引は1665円×24回(総額3万9960円)。実質負担額は5万9400円となる。

5月24日より発売前の予約受付を開始する。また、同日よりKDDI直営店のau SENDAI、au SHINJUKU、au NAGOYA、au OSAKA、au FUKUOKAでの先行展示も行われる。

機種名 Galaxy S8 SCV36 Galaxy S8+ SCV35
契約 MNP・新規契約・機種変更 MNP・新規契約・機種変更
価格 9万720円 9万9360円
毎月割の割引額 総額4万1040円(1710円×24回) 総額3万9960円(1665円×24回)
実質負担額 4万9680円 5万9400円

ほぼベゼルレス、虹彩認証も搭載する「Galaxy S8」

昨年の夏にGalaxy S7 edgeの投入を見送ったソフトバンクは今年も発表しなかったが、auから「Galaxy S8」が発表される可能性は高いだろう。

ディスプレイが縦に長い18.5:9となり、HDRにも対応した「インフィニティディスプレイ」、目で画面ロックを解除できる虹彩認証、防水仕様、音声アシスタントAIなど魅力的な機能が詰め込まれている。

追記 5.24 KDDIのプレスリリースによると、6月8日から「Galaxy S8」「Galaxy S8+」を発売するそうです。「Galaxy S8」はQHD+(2960×1440、18.5:9)モバイルHDR対応、5.8インチSuper AMOLED(有機EL)ディスプレイにSnapdragon 835、4GB RAM/64GB ROM、3000mAhバッテリーを搭載。Galaxy S7 edgeの横幅(約73mm)から5mmも細くなったにもかかわらず、画面が大型化(約5.5インチ→約5.8インチ)されました。

さらにF値1.7レンズ×大型ピクセル、ピント合わせを行う位相差センサーを全ピクセルに配置するデュアルピクセル技術採用の約1220万画素カメラを搭載。800万画素フロントカメラにもF値1.7レンズやオートフォーカスを採用しています。

また、画面サイズが6.2インチ、バッテリー容量が3500mAhの「Galaxy S8+」も発売。いずれも防水・防塵をサポートしています。

 早くも予約が開始されています!

au HTC シリーズ

・HTC U 11 HTV33

・HTC U HTV34 
  世界的発売日(auではなく)2017-5.16
  価格   77000~82500円
カラー5色
auはほぼ毎年夏モデルとしてHTC機種をリリースしています。
ただ、U Ultraはスペックが中途半端なので、ちょっと微妙です。
一方、HTC Uの存在は確認されているものの正式発表されていません。
どちらかというとHTC Uの方がリリースされる可能性は高そうですが、ひょっとすると秋モデルになるかもしれません。
新情報2017.5.3

HTC が YouTube で次期フラッグシップスマートフォン「HTC U 11(仮称)」のテイザー動画第三弾を公開し、HTC U 11 の外観を一部明らかにしました。
 といっても、動画に映っているのは背面の HTC ロゴ付近だけなのでまだ全体像は確認できません。

 今回の動画は HTC U 11 の防水性をテーマにした内容となっており、過去のリーク情報によると、HTC U 11 は IP57 レベルの防水と防塵に対応しています。IPX8 レベルではなくてやや残念です。
 HTC U 11 の発表日は 5 月 16 日とがあります。それまでにあと数回のティザー動画の公開が予想されます。次は UltraPixel 3 や SonicSpeed と呼ばれる新要素を盛り込んだカメラの動画でしょうか。
新情報 5.6
かなり個性的な配色 2色 が公開!
 

赤いHTCスマホと言えば数年前の初代HTC Batterflyを思い出しますが、今回のこのHTC U 11のレッドもかなり渋いですね。

またこのHTC U 11、auの2017夏モデル、HTC U 11 HTV33としてリリースされる可能性がかなり高いと予想されています。

au版HTC U 11 HTV33の発売日、7月に延期か (2017.6.29更新)

発表時の予定では6月下旬となっていましたが、どうやらこれが7月以降にずれ込む可能性がでてきました

201706282121

この表示はすでにまた「6月下旬以降発売予定」に戻されていますが、瞬間的に表示が変更されていただことは事実の模様。

また、Googleなどが表示するHTC U 11の広告でも「7月デビュー」となっています。

au AQUOSシリーズ

AQUOS R SHV39
AQUOS U SHV40
ちなみに、一応申し上げておくと、正式発表されるまで、まだ発売が100%確実なモデルは1つもないので、その辺はあしからず。
またauの夏モデル正式発表まで新情報が入り次第、この記事は常時更新します

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加