NTT DOCOMO ドコモに月額980円の新プラン登場!!30GBプランも登場 シニア割引も

スポンサーリンク

2017年4月27日のドコモ発表の情報によると、額980円で家族通話が無料になるシンプルプランなどの新プランを開始することが決まりました。

月額980円と30GBの新プラン 5月24日から受け付け開始

家族でファミリープランは組んでいても、家族一人ひとりの利用方法はさまざまです。そんな
家族のために今回発表された新プランが「シンプルプラン」、家族間で30GBをシェアできる「ウルトラシェアパック30」です。さらに、家族一人一人の利用データ量に上限を設定できるようになります。

シンプルプランは月額980円で家族内通話が無料になるサービスです。これまでドコモは、5分以内の国内通話なら何度かけても月額1,700円の「カケホーダイライトプラン」を最安プラントして提供してきましたが、新プランはさらに安い料金となり選択しが増えております。

また申し込み受付開始は2017年5月24日から、カケホーダイプランまたはカケホーダイライトプランからの変更は2017年6月1日から適用開始となっていますので5月の最終週のドコモショップの混雑が心配なので早めのショップの受付予約が必要だと思います。

通話をあまりしない人からするとかなり安い基本料金になりましたね

ドコモ シンプルプラン

また新登場のウルトラシェアパック30GBは15GBでは少なく、50GBでは多いと感じていた方にオススメです。申し込み受付開始は同じ2017年5月24日からとなります

さらに2017年秋からは、シェアパック加入者を対象に、家族間のデータシェアで一人ひとりの利用データ量に上限を設けることが可能となります。上限を設けたいメンバーだけを個別に設定できるため、子どもの使いすぎを防ぐのに活用できます。これはスマホ依存症の子供を持つ親としては本当にありがたい制度ですね。

そして支払い方法も新たな制度が生まれました。いままでシェアグループ内の全メンバーでパックの料金を均等に割る計算方法でしたが、新制度では、指定したメンバーのみでパック料金を均等割りなど、自由に分割請求回線を指定できるようになります。分割請求対象外となった回線は、シェアオプション定額料のみの支払いが可能になります。ですがこの設定変更の受付は2017年の秋ごろになりそうです。

またドコモは業績が利益が20%増加と急成長しており、総務省の端末購入時の割引制限の恩恵を一番受けているキャリアとも言えますね。また回発表した新プランも含めて約300億円をユーザーに対して還元していくと伝えていますが期待しすぎることは控えましょう。

ドコモがシニア割引を検討

NTTドコモの吉沢和弘社長は10日、読売新聞のインタビューに応じ、中高年のスマートフォン利用者を対象に通信料を割り引く新料金メニューの導入を検討していることを明らかにした。

中高年層が安い料金でスマホを使えるようにして利用者を囲い込むとともに、従来型の携帯電話(ガラケー)からスマホへの移行を促す狙いがある。

吉沢社長は「ドコモはシニアの利用者の割合が大きいが、シニア向けの通信料値下げは十分ではない」と述べた。同社は25歳以下の若者を対象とした割引メニューは導入済みだが、中高年向けを新たに設ける方向だ。

また、これとは別に、5月中に300億円を投じて音声通話やデータ通信などについて値下げを実施する。2017年度中にさらに数百億円規模の値下げを予定しており、吉沢社長は「今秋までに実施したい」と語った

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加