韓国Samsung Galaxy S8 /S8+のバッテリ安全宣言!? わざわざ製造動画公開

スポンサーリンク

記憶に新しい発火問題(Galaxy Note 7) を受けて 韓国サムソンは今年リリースするスマートフォンの製造において厳しく行うと主張しそのバッテリー製造・組み立て動画を公開しました。

実際にどのようなテストを実施しているのかは分かりませんが不安を引き継いでしまう次期モデル「Galaxy S8 │ S8+ のバッテリー安全性検査と安全宣言をすることで払拭したいところです。

動画で紹介しているのは Galaxy S8 の動作テストの様子です。テスト施設内には多数の Galaxy S8 / S8+ がケージに並べられており、ユーザーが日常的に行う操作やバッテリーの充放電を専用プログラムを用いて繰り返し実験しています。

中盤ではヒートガンのような検査機器を持った検査員が一台ずつ検査機器をかざして何かの値(本体温度?)をチェックしているようです。

動画の後半ではバッテリーへの圧迫テストの様子です。ここではバッテリーを直接圧迫機にかけて決まった値で圧迫して破損しないかどうか実験しています。

ここで重要なことは、テストで合格したことを示す緑のマークが記されているにも関わらず、再度工場内でもテスト検査を実施していることです。しかも、数万個のロットの中でどれか一つでも不合格品が出ると、ロット全体をサプライヤーに返品する決まりにしているそうです。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加