iPhone8 の形状確定!? 次期iPhone8sに延期スペックも2018

今秋発売が確定視されているiPhone8についてアップルはプロフェッショナルモデルをテストしているという情報が出てきた。
またモデルも2種類検討しているという情報をニュースサイトiDropNewsがiPhoneの生産を請け負うサプライヤーであるFoxconnの関係者から入手した。そのモデルは
①TouchIDセンサーをディスプレイに組み込んだモデル
②背面指紋センサーのモデル
の2モデルで決めかねているそうです。
iDrop-News-Exclusive-iPhone-8-Image-4
iDropNews自身が先日、「プロトタイプのセレクトは最終段階に来た」としてiPhone8ではTouchIDが背面に搭載されるとの観測を報道していたほか、別ソースとして、Foxconnから流出したとされる同様の設計図が出ていただけに、最近はディスプレイに指紋認証センサーが没になった感が強くなった。
iphone8 コンセプトデザイン
ディスプレイにTouchIDが埋め込まれる可能性があるのは次期iPhone8sに
なりそうです。また8sの形状は完全なベゼルレスではなく、ベゼルの幅は四方とも4mm
前面と背面に2.5Dガラスが採用されるとみられる。
今回のiPhone8はメタルフレームで囲まれているワイヤレス充電を搭載
仮に、指紋認証センサーを背面に設置することになった場合、デザインは先日発表されたGalaxy S8の後追いとなってしまいます。革新性で多くのユーザーを虜にしてきたAppleとしては、発売時期を遅らせてでもディスプレイにTouchIDを埋め込む技術を導入したいに違いありません。
iphone8 コンセプトデザイン

2018年の「iPhone8s」は5.28インチと6.46インチ!韓国メディア報じる

2018年の「iPhone8s」には、Samsung製の有機EL(OLED)ディスプレイが搭載され、サイズは5.28インチと6.46インチになる、と報じられています。

AppleがSamsungとOLED供給で契約締結

Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)が「現行iPhoneの販売に影響している」と認めるほど、iPhone10周年の記念モデル「iPhone8」に関する話題が盛り上がっていますが、早くも来年の「iPhone8s」について報道されています。

AppleとSamsungが、2018年のiPhoneに搭載されるOLEDディスプレイの供給契約を結んだ、と業界関係者から得た情報として韓国メディアThe Bellが報じています。

「iPhone8s」のディスプレイサイズは5.28インチと6.46インチの2モデルで、Samsungの出荷数は今年の「iPhone8」の2倍以上となる1億8,000万台になる、と伝えられています。

この報道が事実なら、現在販売されているiPhone7の4.7インチとiPhone7 Plusの5.5インチから、それぞれ約0.5インチと約1インチの大型化となります。

ただし、「iPhone9」は現在も開発中のため、デザインや機能については不明とのことです。

「iPhone8」もSamsung製OLEDを搭載

今年9月には、現行モデルiPhone7/7 Plusのアップデート版「iPhone7/7 Plus」と、10周年記念モデル「iPhone8」が発表されると噂されています。

「iPhone8」には、5.8インチのOLEDディスプレイが搭載され、Samsungが独占供給すると報じられており、AppleがSamsungに7,000万台ぶんを発注した、と報じられています。

2018年のiPhone用A12プロセッサを韓国サムソンが受注

2018年のiPhone8sに搭載される、7nmプロセスのA12プロセッサの一部を韓国サムソンが受注した、と韓国メディアThe Korea Heraldが報じています。

OLED独占供給の利点をうまく交渉に活かしApple社を説得

韓国メディアによると、サムソンのCEOが、米アップルの本社を6月に訪れ、iPhone8用有機ELを独占的に供給する見返りに、2018年のiPhone用のプロセッサの一部を受注した模様です。

なお韓国サムソンは、TSMCが独占供給している現行のAシリーズプロセッサのサプライヤーとしては参入しないと報告されています。

現在のプロセッサは台湾のTSMCが独占供給

Samsungは最近、7nmプロセスでの製造用に用いる極端紫外線リソグラフィと呼ばれる製造装置を購入したと報じられています。

なお、現行のiPhone7/7 Plusに搭載されているA10 Fusionプロセッサは16nmで、新しいiPad ProのA10X Fusionプロセッサは10nmプロセスで製造されており、2017年のiPhone8に搭載のA11プロセッサも10nmになると予測されています。

iPhone6sのA9では「チップゲート」騒動も

Appleは主要部品のサプライヤーを特定の1社に集中させず、2社以上に分散して発注する手法をとります。これは、製造上の問題発生時のリスク回避とともに、サプライヤー間の競合によってコストを下げる狙いがあると言われています。

しかし、iPhone8に搭載されるOLEDディスプレイを大量供給できるのは、OLEDの世界シェア95%を握るSamsungだけであり、LG Displayやシャープの量産体制が整うのは2019年頃と言われています。

2015年のiPhone6sでは、搭載されたA9プロセッサをめぐって、TSMC製搭載端末よりもSamsung製搭載端末のバッテリー消費が激しい、と指摘され「チップゲート」として話題になりました。その後、両社製のプロセッサに有意な差は見られない、とのテスト結果が公表されて騒ぎは収束しました。

Source:iDropNews

iPhone8sのバッテリー、LGが独占供給の見通し

iPhone8リリースを前に控え、サプライチェーンは早くも2018年発売予定のiPhone8sに向けて動き出しています。LG Chemical(以下LG)がiPhone8s向けのバッテリーを独占的に供給する見通しであることが明らかとなりました。

LGが独占的に供給へ

韓国メディアのKorea Economic Dailyが報じたところによると、すでにAppleとLGとの協議は合意に達しており、2018年の次世代iPhoneに向けて、同年の第2四半期(4~6月)よりバッテリーの生産が行われる見通しです。

部品の調達コストを抑えるために、単独サプライヤーからの独占供給を好まないAppleにあって、こうした形で受注を決定するということは、有機EL(OLED)ディスプレイのSamsungのように、よほど他の技術や生産体制が追いついていないものと考えられます。

様々な問題を解決するL型バッテリー

これまでにもLGは、数千億ウォンをもの投資を新型バッテリーの生産ライン構築に向けて行っていることが報じられていました。このバッテリーは、内部のスペースを最大限に利用するために、形状が「L型」になるとされています。また、この構造を採ることによって、充電スピードが向上するともみられています。

「L型」バッテリーについては、すでにiPhone8の時点で採用されるのではないか、とKGI証券のアナリストであるミンチー・クオ氏が予測を立てていましたが、LGが2018年から生産に乗り出すとなると、ひとまずiPhone8sまでお預けとなる可能性が高そうです。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加