iPhone8 の発売遅れの原因は指紋センサーだった!?設計図もリーク!

「iPhone8」は、本体前面がディスプレイで覆われ、指紋センサーがディスプレイに埋め込まれると噂されていましたが
ここに来て技術的な問題から背面指紋センサーに移行する計画が加速しているそうです。

これがそのリーク画像

iPhone8 設計図

中国の背面の縦に並んだデュアルカメラと、Appleロゴの下に移動した指紋認証センサーが特徴で、本体サイズも読み取れます。SNS、Weiboから「iPhone8」の設計図とされる画像が流出しました。またディスプレイ指紋センサーと噂されていましたがここにきて背面指紋センサーがついています。これは先日から発売遅れが噂されていますがその原因と現在噂されています。

先日噂された販売遅れの原因

「iPhone8」のディスプレイに埋め込まれる指紋センサーは歩留まり率が改善せず、
このままでは9月の発売に間に合わないことが考えられる、とのことです。

iPhone8 コンセプトデザイン Martin Hajek

なお、指紋センサーはAppleが買収しiPhone5s以来採用しているAuthenTecが製造しており、
歩留まり率は低いが調達元を切り替える意向はない模様です。
デザイン変更の可能性も?

Appleが取りうる対策としてアーキュリー氏が挙げるのは、以下の3つです。

①Touch IDによる指紋認証を廃止し、3Dセンサーによる顔認証に一本化

②Touch IDセンサーを本体の背面に移動させる

③「iPhone7s」と同時に発表するものの、製造・発売を遅らせる

可能性は低い、としながらも、今からデザインが変更される可能性も想定されています。
遅れの原因はOLEDや3Dセンサーではない?ということがここで明らかになった。

上記②で紹介されていた 背面センサーが今回設計図に写っていたことで

今後一気に背面指紋センサー決定に噂は傾いていくと思われます

Source:AppleInsider

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加