Apple ドローン発売!「Hover Camera Passport」

スポンサーリンク

ドローンの人気が高まり続ける中、超ポータブルのホバリングカメラパスポートは、米時間の4月12日、Apple.comAppleの小売店で入手できるようになりました。 Zero Zero Roboticsによって作成されたHover Passportは、カーボンファイバー素材で作られた軽量の無人機ですので、どこにいても持ち運びが容易で持ち運びが簡単です

まるで本を開くようにパタンとプロペラを広げ、空中に投げるだけで飛行を開始し、そのまま自撮りや360度撮影を自動で行えるドローンカメラ「Hover Camera Passport」がZero Zero Roboticsから登場しました。

Hover Camera Passportは、ほぼ正方形の機体を持つクアッドコプター型のドローン。小ぶりな機体なので持ち運びにも適しています。

特徴的なのが、この折りたたみ式のローター。機体の左右にネットで囲まれた2枚のローターが配置されており、使わない時は折りたたんで収納することが可能です。

ローターを広げたら、スマートフォンと接続して空中にポイッと投げるとフライトを開始。機体前部に取り付けられた1300万画素カメラで4K動画と4208×3120ピクセルの静止画を撮影可能です。

実際にHover Camera Passportを使っているシーンを以下のムービーで確認することができます。

Appleの小売店やオンラインでは、Hover Camera Passport Apple専用バンドルを499ドルで購入できます。このバンドルでは、無人機、2つのバッテリー、1つの充電器、アダプター、キャリーバッグが同梱されています。
The Passportは、米国、カナダ、中国、香港、イギリスのアップルから入手できます。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加