iPhone 7 ホームボタン交換すると動作しなくなる!不具合は正規店へ

スポンサーリンク

先日、非正規店でTouch IDを修理したiPhoneが使えなくなる「エラー53」問題でAppleが訴えられた…というニュースがありました、iPhone 7でも同じ問題があるようです。

iPhone 7のホームボタンをApple Store以外(非正規店)で交換してしまうと、Touch IDなどが利用不可になるそうです。

万が一ホームボタンが故障したら、必ず正規店のApple Storeへ持っていくようにしましょう…!

iPhone 7のホームボタン交換は必ずApple Storeで

Motherboardによると、iPhone 7/7 Plusのホームボタンは出荷時に搭載されたもの以外では動作しないことが分かったそうです。

異なるホームボタンに交換された場合、Touch ID機能やホーム画面に戻る機能が使えなくなり、画面上に「AssistiveTouch」が表示されるようになるんだとか。

なんでもiPhone 7/7 Plusのホームボタンの機能はソフトウェアで管理されており、Apple StoreのGenius Bar従業員は「ホームボタンはApple Storeでのみ交換可能。Appleが保有する『iPhone Calibration Machine』という専用の機械を使ってホームボタンを調整する必要がある」と述べています。

「iPhone Calibration Machine」 Photo by Apple Insider

となると気になるのがAppleの認定を受けた正規の修理サービス「Apple正規サービスプロバイダ」ですが、編集部にて問い合わせてみたところ、「どういった不具合が起きているのか確認した上でホームボタンに原因がある場合は、iPhoneの本体ごと交換になる可能性が高い」とのことでした。

iPhoneの修理を行っている非正規のショップは多くありますが、もしもホームボタンが壊れた場合は必ずApple Storeもしくは正規サービスプロバイダに持ち込むようにしないといけませんね…!

今回の問題は以前iOS 9.2.1で発生した「エラー53」と類似しており、こちらはオーストラリアでAppleが訴えられる事態となっています。これらの問題も非正規修理店にとっては死活問題となりえることや、ユーザーにとっても保証期間が終了してしまった後を考えると影響が大きいことから、Appleに対し批難の声も上がっているようですよ。

ソース:Motherboard

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加