iPhone8 はiPhone Edition? iPhone X? それともiPhone Premium??

発売から10周年記念モデルとして今年の秋に発表が予想される「iPhone 8」。これまでに多くの噂が報じられていますが、最新の情報では画面での指紋認識やガラスボディが見送りというショッキングな情報も出てきています。
iPhone Edition、ガラスボディは撤回。指紋認証センサーは背面に移動するとの噂
iPhone Edition、メタルボディを継続採用。「Touch ID」は背面に移動か
iDropNewsの独自入手情報としてこれまでに「iPhone 8」として定着されてきた10周年記念モデルは実は「iPhone Edition」と命名されると伝えています。ですが他のサイトでは iPhone X やiPhone Pro iPhone Premium などの命名情報も出てきています。




 新情報は「最終形態」として公開され、ディスプレイ下部に搭載されてきた人体認証の指紋認識センサー「Touch ID」が背面に配置。カメラの向きが縦向きに変更されたなど非常にカッコの悪いデザインになりました。これだとケースにも影響が出そうですね。
iPhone Edition、ガラスボディは撤回。指紋認証センサーは背面に移動するとの噂
iPhone 8では、極薄のベゼルかベゼルレスが採用されると噂されていることから指紋認証機能はディスプレイに内蔵されてTouch IDは廃止されると報じられていました。しかし、その一方で2017年のiPhone7sとの同時発売には間に合わないとの見方もありました。今回の報道でもまだ信頼性が十分ではないことを理由に搭載は見送られると伝えています。そういった状況であればTouch IDは背面に移動せざるを得ないのかもしれません。
しかし、指紋認証センサーを前面から背面に移動することで利便性が大きく損なわれるでしょう。例えば、机に置いたままiPhoneを操作するには一度iPhoneを持ち上げて指紋認証でロックを解除したり、わざわざ6桁のパスコードを入力してロックを解除する必要があります。Androidでは背面指紋紋センサーのデバイスがほとんどですが、iPhoneユーザーは慣れるまでに多くのストレスを感じるはずです。
実現すればiPhone 8の最大の特徴となるはずだったガラスボディも耐久性の問題から撤回され、引き続きメタルボディが採用されるとのこと。ディスプレイはGalaxyのようなエッジ部が湾曲したディスプレイになるようです。
なお、今回公開されたiPhone 8のコンセプトイメージは、先日発表された「Galaxy S8」の情報画像に非常に似ていて、指紋認証センサーも同じく背面に移動すると報じられています。また、Galaxyシリーズにはガラスパネルで挟まれたボディを採用する可能性が非常に高いことからボディに関してはGalaxyの後追いとなってしまうかもしれません。
Galaxy s8
今回のGalaxy S8情報の信憑性は決して高いものではなく、最終段階とは言えどもあくまでもプロトタイプなので信じ過ぎるのも問題だが、これに近いiPhoneが今年の秋に出て来るとしたら非常にショックです。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加