アップルの最新2017のiPadは、iPhone SEと同価格同性能??

スポンサーリンク

iPad用の販売数字は相変わらず良くありません。いつものように、売上と販売台数は再び下がったようです。しかし、それでもAppleが販売し続けるのはタブレットブームが再来することをあきらめてないからである。
2つのハイエンドiPad Proモデルで製品を完成させました。今では、かなり大きい9.7インチのスクリーン、最近のA9チップ、そして最低32GBのストレージを備えたローエンドのバージョンが完成しました。

最も重要なのは、性能は落ちるものの低価格のスタート価格:329ドルです。この価格は、この製品のアイデンティティにとって非常に重要であるため、オンライン製品の説明ページに記載されているように、この価格では高機能のということです。このような特徴を持つ近代的なApple製デバイスは、2年前に最後に更新されたMacBook Airだけで、12インチMacBookとTouch Bar付きMacBook Proが登場した現在、Macノートパソコンのラインアップの底を担っています。

去年、AppleはiPhone SEを発表したこの同じプレイブックを、可愛い4インチ2013 iPhone 5Sに後退させた。そのようなことが可能ならば、SEは399ドルで、廉価版iPhoneだ。リリース後の最初の2四半期には需要が供給を上回り、人々が安価なアップルの携帯電話を熱望していたことを示唆しています。

2014年のiPad Air 2と本質的に似ている2017 iPadだと感じますが、一般的に言えば、初期の所感では価格の点で過去より大いに優れています。

世間が求めているのは安価で利用できる十分なiPadです。 Apple製品ではあまり出てこないコストパフォーマンスでしょう。 iPhone SEは人々のAndroidからの移行を成功させましたが、この新しいiPadも同じように感じました。

それだけではありません。特にAppleが過去にMacに注力してきた教育市場では、新しいiPadがChromebookから市場シェアを獲得する可能性があります。 Googleのパートナーは多くのローエンドモデルを出しており、現在Appleの挑戦は良い方向に向いています。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加