iPhone8で実現か!iPhone9以降か?驚異的な機能の未来は!!第3弾

iPhone 9以降:スクリーンの性能や素材開発

iPhone 9以降:スクリーンの性能や素材開発

画面がiPhoneの中枢であると賞賛するかたは多数います。それは視覚的にあなたに世界について教えてくれるメディアです。 iPhoneは、歴史的には、(独自のRetinaスクリーンレーティングの主張にもかかわらず)最高の画面解像度を持つ傾向がありませんが、応答性や感度が高いことは誰もが知る事実です。

画面の素材の未来について 第3弾では以下7つの素材から予測していきましょう。
サファイアガラス製
②クラックされたときにあなた(そしてアップル)に伝える画面
③プロジェクトファイア
④グラフェン
⑤粘弾性材料
⑥3Dスクリーン
⑦ホログラムセル

サファイアガラス製
iPhoneのスクリーンは、平均的なガラスよりもはるかに高品質です(彼らはGorilla Glassと呼ばれる独自の素材で作られています)が、落としたときに割れたり、破裂することさえあります。 サファイアのスクリーンは従来ガラスよりさらに耐性があり、AppleはApple Watchのディスプレイを既にサファイアガラスを採用しています。これで、この材料をスマートフォンのラインナップに取り込む準備ができている可能性がありますがあまりに高価なためiPhoneでの実現性がいまのコストでは難しいとも言われています。

アリゾナ州のアップル社のサファイア工場(年に2億台のiPhoneディスプレイを製造する能力を持っていた)で大量生産される噂の計画が崩れた。 しかし、2017年3月の報道によると、長期的なAppleのサプライヤーであるFoxconn社は、26億ドルのコストで台湾に独自のサファイア工場を建設することを提案しているそうです。実現すれば低コスト化見込めiPhone や iPadの採用が期待されています。

プロジェクトファイア
Gorilla Glassを製造しているコーニング社は、2015年初頭にサファイアガラスの脅威に対応し、超硬合金のコードネームProject Phireを発表しました。
コーニング・グラス・テクノロジーズのジェームス・クラッピン社長は、「昨年、サファイアはスクラッチ性能には優れていたが、落下時にはうまくいっていないと言っていたので、同じ優れたダメージ抵抗とドロップ性能を持つ製品を開発した。 それがサファイアに近づき傷つきにくい性能のゴリラガラス4である
AppleはiPhoneの画面に使用する素材については一切言及していませんが、消費者にとっては、サプライヤーがスマートフォン用に最も耐久性のあるスクリーングラスを提供しようと奮闘していることは間違いのない事実である。

グラフェン
サファイアガラスはすでに、第1世代Apple Watchの非スポーツモデル、Apple Watchシリーズ2のすべてのモデルで使用されており、③のProject Phireは合理的に進歩した開発状態にあるようですが、近い将来アップルペンで使用されることを予測するなら最も適した材料は間違いなくグラファイトである、それぞれ単一の原子だけの厚さの炭素シートの積み重ねながらできています。これが執筆にとても適している理由です
しかし、グラフェンは別の問題もあります。グラフェンは、グラファイトの層の1つを分離することができれば、効果的に2次元の物質を残すことができます。これは、人間の毛髪よりも約100万倍薄い物質であり、鉄鋼よりも100倍強力であり、銅よりも1,000倍優れた導電体です。ああ、それは事実上透明だがその分離がまだ開発中であるらしいです。
もし実現すればグラフェンは技術製造業者の興味深い素材です。またそれはスクリーン用の非常に耐久性のあるコーティング材料になるでしょう(また、曲げ可能なディスプレイにも役立つでしょう)。グラフェンは、プロセッサチップ内のシリコンの優れた代替品になり、より効率的なバッテリや太陽電池の製造に使用できます。本当に素晴らしい素材です。

粘弾性材料
iPhoneに搭載可能な新しい耐久性のある素材について説明しましょう。
落下抵抗は画面にどう影響するか? 特許活動に基づいて、Appleは衝撃を吸収する粘弾性材料を現在工夫しています。 その材料はAppleのデバイスをカバーし、ずっと良い状態落下から駆体を守ることができるでしょう。 特許はAppleのすべてのモバイルデバイスとラップトップで理にかなっているかもしれません。

.⑥3Dディスプレイ…
経済デイリーニュースによれば、Appleのサプライチェーン・パートナーであるTPKは、「肉眼3Dスクリーン」に関連したプロジェクト、すなわち3Dスクリーンに取り組んでいると掲載している。それは 眼鏡で見る必要はないそうです。 あなたが電話を使用するたびに3D仕様のペアをポップすることになるかもしてません。
ホログラムセル
しかし、3Dは2009年からいままで噂に上がっています。 Appleが一歩先を考え3D技術で、ホログラムディスプレイを表現したいと考えているようです、異なる角度から見ることができ、また相互作用することもできる3次元ホログラムとしてスクリーンイメージを投影することができるようにしたいと考えているようです。 この実現にはしばらく時間がいるかもしれません。
現時点では、消費者のスマートフォンから管理できる最高のものは、アイトラッキング技術に基づいた「ホログラフィック効果」です。 私たちが探しているものではありませんが、まだ楽しみにできる技術です。

以上のように第3弾では スクリーンの素材と性能などについて予測してきました。

iPhone8の噂のまとめ記事

iPhone9の噂のまとめ記事

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加